バーダーショップ フジノです。
常時ボーグ本体在庫大量確保
当店では毎週の多目の見込み発注による商品確保で週単位で順次入荷しております。
そのためメーカー納期状況にかかわりなく即納が可能となっております。


当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像と評価、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。


2016年11月02日

鹿児島県 Hさん BORG 71FL作品




鹿児島県のHさん、昨日は77の作品をご紹介しましたが、今日はBORG 71FLの作品です。


71FL+FAF1.7+K3撮影。


昨日ご紹介した公園レストハウスでの展示ですが、40点ほどあるようです。


野鳥写真で40点ものこの大きさにプリント出来る作品を撮影されているというのは凄いと思います。




ISO 400   SS 1/500
ISO 400   SS 1/400
ISO 400   SS 1/1600



16110201.jpg
16110202.jpg
16110203.jpg




posted by   at 18:44| AFボーグ71FL

2016年11月01日

鹿児島県 Hさん 作品 カワセミ他



鹿児島県のHさんから久々に作品を頂きました。


腰を痛められたり、天候不良や猛暑で撮影に行くこともなく、台風(数十年ぶりに台風の目に入り)の直撃もあったりで、
しばらく撮影しておられなかったようですが、

「これから野鳥のシーズンです。
これから投稿しますのでよろしくお願いします。」

ということで楽しみです。




Hさんが何時も撮影されている公園から「レストハウスにこの公園内で撮影した野鳥写真を展示したい」ということでHさんの作品が展示されたそうです。
一枚目がその写真です。

かなり大きいプリントだと思います。Hさんの作品ならもっと大きなプリントも大丈夫だと思いますが。
今日の写真もすべてノートリです。




77EDUと71FLの作品を頂きましたので、
まずは77EDU+FAF1.7+K3の作品のご紹介です。



当方で80%に縮小。



16110101.jpg
16110102.jpg
16110103.jpg
16110104.jpg
16110105.jpg



posted by   at 19:07| デジボーグ77EDU

2016年10月31日

BORG 89ED  ピン甘 カワセミ



BORG 89ED  超ピン甘 カワセミです。



先日25日にアップした画像の撮影。
27日にアップした画像の撮影と難なく撮影できましたので、
今日は油断してしまいました。

今日はさらに近づきました。
今まで何度も失敗しているのですが、ついつい雑になってしまいます。


カワセミが止まってろくにピントも合わせぬ間にシャッターを切ってしまいました。
すぐに、さよならです。


大縮小 画像です。



16103101.jpg




posted by   at 18:47| デジボーグ89ED

2016年10月28日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL ルビーキクイタダキ、アカオノスリ。




アメリカ在住 Sさんからルビーキクイタダキ、アカオノスリの作品を頂きました。


Sさんには71FLに加え、先日90FLを購入いただきました。


まずは90FLはニコンAFでお使いになる予定ということですが、しばらくお天気が良くなさそうということでまだ少し試しただけということです。


今回いただいた画像はAFボーグ71FL PENTAX K-3 IIの作品です。



アカオノスリは偶然にも10メートルくらいの距離から撮れたということです。

同じような鳥が、こちらと少しづつ違うので興味深いです。






ルビーキクイタダキ ISO800  SS1/500 ノートリ 1/2に縮小

アカオノスリ ISO400  SS1/1250 ノートリ 1/2に縮小



16102801.jpg
16102802.jpg



posted by   at 19:28| AFボーグ71FL

2016年10月27日

BORG 89ED  カワセミ




今日はBORG 89EDに【7215】1.4倍テレコンバーターGRで撮影したカワセミです。


7214は600mmに合わせると実際は1.3倍ちょっとですが、今日は7215を最長にした上、7602を挟みましたので1.5倍ちょっとぐらいだと思います。

これで先日より少し寄りましたので大きく写っています。



ISO 640   SS1/800

等倍






今日はアメリカ在住のSさんの画像をアップさせて頂く予定でしたが、今朝もカワセミを撮りましたので一昨日との比較に先にアップさせて頂きました。
明日ご紹介いたします。


また本日、珍鳥ハンターの岡山県Kさんからサバクヒタキの作品を、
鹿児島県Hさんからカワセミの解像写真他を頂きました。

有難うございました。
来週ご紹介させていただきます。

メールのご返信は明日させて頂きますのでご了承ください。




先日からジョウビタキらしき声を聞いていましたが、今日はオスを見ることが出来ました。




16102701.jpg
16102702.jpg




posted by   at 19:20| デジボーグ89ED

2016年10月25日

BORG 89ED  カワセミ




BORG 89ED+7214で撮影したカワセミです。


風が強くて止まり木が揺れていたのでSSを速めにして1/2000、感度640。


この距離と角度では目に合わすより体に合わす方が全体の解像感良いはずなのですが、
風で揺れて上手く合わせられませんでした。


中でマシだったのが一枚目。

二枚目は連写の中の連続した画像です。
一枚目より頭部はピントがずれていますが、体はこちらの方が解像しています。




等倍



161025P2200.jpg
161025P2199.jpg



posted by   at 15:35| デジボーグ89ED

2016年10月24日

パーツのみのお取り寄せにつきまして




当店では、在庫を置いていない商品のお取り寄せのうち、パーツのみのお取り寄せにつきましては、当店会員様(当店にてレンズ本体をお買い上げ頂いた方)に限らせていただいています。

その旨パーツ別ページでご案内していますが、
先日も会員様以外の方からお取り寄せとさせて頂いている【7761】M57ヘリコイドDXIIのご注文があり、すぐにお断りのメールを送信させていただいたのですが伝わていなかったようで、10日も経ってからご連絡を頂き、
お断りのメールを送信した日時と、そのメール内容を再度送信させて頂くことがあった次第です。


上記のようにパーツ別のページにお断りを記載しておりましたが、分かり難いようですので営業案内のページへもその旨記載いたしました。





posted by   at 07:47| お知らせ

2016年10月20日

BS日テレ:ぶらぶら美術・博物館でミヤマホオジロの画像が使われます。




明日のBS日テレの

番組名 :ぶらぶら美術・博物館

放送日時:2016年10月21日(金) 20:00〜20:54


でミヤマホオジロの画像が使われます。





昨日ご紹介したカワセミ画像の大分県Yさんですが、


「90FLのブレで悩んでいましたが、コツを掴んだようで
ライブビューの撮影ではなくても、ほとんどの写真がブレなしでした。

今度は写真の整理が大変になりましたが、・・・・」

とメールを頂きました。



解像写真が量産できるようになると、同じシーンの解像写真でもその中で微妙に優劣がありますので、その見極めが重要になってきます。


画像選別に関してのPDFも追加します。


また、PDF版でもっと早く出来るつもりだった「カワセミの探し方、写し方」も、
「カワセミとヤマセミの探し方、写し方」としてこれからの見つけ易いシーズン前に、
まずは「カワセミとヤマセミの探し方」を仕上げる予定です。




16102001.jpg




posted by   at 18:22| お知らせ

2016年10月19日

大分県Yさん AFボーグ90FL カワセミ レベルアップ




大分県Yさんが昨日も撮影行かれたそうで作品を頂きました。 


三枚とも背景が幻想的で綺麗ですが、

特に一枚目は全体的にバランス良くピントも合っていて、風切り羽の先の方や足の辺りの腹側の羽毛も綺麗です。
お客さんにはこの何とも言えない写りを味わって頂きたいのです。


等倍画像をアップしました。

レベルアップされています。
かなり良く写っています。




先日90FLを購入頂いたお客さんからも

「90FLに1.7アダプターを付けて使ってみた結果思った以上にすばらしい写りだったので大変満足しております。」

というメールを頂きました。





AFボーグ90FL 換算 1,275mm。
等倍。


--------------------------------------------------------------------
Yさん

天気が曇りとの事でしたが晴れ間が出ましたので、再び挑戦してきました。
水面反射の関係か、カワセミが今まで撮ったものと違う色合いの物が
撮れました。
再度送らせて頂きます。

今日は昨日よりも明るいと感じたのですが、少し曇るとAFが迷ってしまい
なかなかピントが合わない事がありました。
昨日はあまり迷わなかったので不思議な感じがしました。

解像度は今日の方が良いのではないでしょうか?

度々の投稿で申し訳ありませんが、宜しくお願いします。

90FL AF直 K-3

ISO 640 1/1000
ISO 640 1/250
ISO 640 1/800 


--------------------------------------------------------------------



16101901.jpg
16101902.jpg
16101903.jpg




posted by   at 17:05| AFボーグ90FL

2016年10月18日

大分県Yさん AFボーグ90FL カワセミ




大分県Yさんからカワセミの作品を頂きました。 

条件良ければ、まだSS出ますが、そんな日に当たればさらに解像されると思います。
週間天気予報にも晴れマークが多くなりました。




最近、繁殖期には見れなくなるポイントでもそろそろカワセミが見れるようになり、少し行動の様子が変わってきたようです。





AFボーグ90FL 換算 1,275mm。
80%に縮小。


--------------------------------------------------------------------
近頃、サービスの良いカワセミがいまして、割と近くで
撮らしてくれるのですが
残念ながら解像した写真が撮れませんでした。

ピントは合っているのですが 拡大しますと解像していないのです。
やはり腕が悪いのと天気が良くないのが原因でしょう。

今日は午後から天気が回復するとの事でしたので
90FLで近距離で大きく撮ろうと思いAF直で試してみました。

カワセミはすぐに来てくれて割と長く止まってくれましたので
かなりの枚数を撮影出来ました。
おまけにもう一度来てくれたので、またかなり撮影しました。
比較的に良いのが、かなりの枚数ありましたが
これだというのがなくて、どれを送ろうかと迷いました。

やはり近いのが一番ですね。
今度はもっと天気の良い時に撮って、これだという超解像したのを撮りたいと思います。
画像を確認して頂いて、何か良いアドバイスがあれば教えてください。

90FL AF直  K-3


ISO500 1/640
ISO500 1/640
ISO500 1/640
ISO500 1/400
ISO400 1/400


--------------------------------------------------------------------



16101801.jpg
16101802.jpg
16101803.jpg
16101804.jpg
16101805.jpg




posted by   at 19:56| AFボーグ90FL

2016年10月17日

動画「ヤマセミ糞射ブルブル」




14日に続きヤマセミの動画です。

先日の動画はトリミングしていますが、こちらノートリです。


この日も居眠りしてました。



AFボーグ90FL 換算1275mm。




16101701yama02.jpg






posted by   at 18:57| AFボーグ90FL

2016年10月14日

動画「ヤマセミの居眠り」




先日お知らせしたヤマセミの居眠り動画、やっと編集できました。

ところが今度はブログに張れない。(笑)



何とか動画が弄れるようになったので、以前から考えていたマイクロフォーカスの紹介動画など作っていきます。



AFボーグ90FL 換算1275mm。




16101401.jpg




posted by   at 12:32| AFボーグ90FL

2016年10月12日

「解像力の見分け方」画像




ようやくお天気が良くなってきたので、ヤマセミとカワセミの様子を見に行ってきました。

皆さん元気に飛んでます。



道中、弁当を買ったところで、なぜかカワセミの話になって、ヤマセミの話も出て、ここにヤマセミが居るよと川へ入る道を教えてもらったので行ってみると、なんと丁度二羽止まっていました。(笑)



ヤマセミを見て今日は思い出したように以前撮ったヤマセミの居眠りの動画を編集しようと始めたのですが、慣れない動画で時間がなく今日はアップ出来ませんでした。



で、先日用意していた「解像力の見分け方」にアップする画像です。




16101201.jpg
16101202.jpg
16101203.jpg
16101204.jpg




posted by   at 19:07| 解像力の見分け方

2016年10月09日

ミヤマホオジロの画像がBS番組に!




BORG90FLで撮影したミヤマホオジロの画像がBS番組で使われます。

「提供:バーダーショップ フジノ」とクレジット表記されます。(笑)



実は近々にもう一件お知らせできると思います。



16100901.jpg
16100902.jpg
16100903.jpg
16100904.jpg
16100905.jpg
16100906.jpg




posted by   at 18:45| お知らせ

2016年10月06日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL アンナハチドリ、ウタスズメ。




アメリカ在住 Sさんからアンナハチドリ 第二弾の作品を頂きました。


綺麗な色です。

頭の角度でこれほど見え方が違うのですね。




ウタスズメ(Song Sparrow)はホオジロ科の鳥のようです。
歌うようにさえずるのでしょうか。





アンナハチドリ ISO400  SS1/3200 当方でトリミング 等倍

ウタスズメ ISO400  SS1/500 ノートリ 1/2に縮小




--------------------------------------------------------------------
Sさん

今回、顔がルビー色になったアンナハチドリ(オス)が撮れたので送らせていただきます。これまで何らかの状態で色が変化するものと思っていたのですが、(玉虫のように)どうやら微妙な角度で色が変化したように見えるだけのようです。
アングル的にも前回のハチドリほど満足できたものではありませんが、その鮮やかさが伝わればと思います。ウタスズメ(Song Sparrow)の写真も1枚だけ含めました。

-------------------------------------------------------------------



16100601.jpg
16100602.jpg
16100603.jpg
16100604.jpg
16100605.jpg
16100606.jpg



posted by   at 16:40| AFボーグ71FL

2016年10月05日

大分県 Y・Kさん(女性) AFボーグ71FL カワセミ作品




大分県 Y・Kさん(女性) からAFボーグ71FL カワセミ作品を頂きました。


いつもカワセミの解像写真を頂いている、大分県 Yさんのお知り合いです。


Y・Kさんはキャノン7Dにシグマ500mmレンズで撮影しておられましたが、
Yさんの画像を見てボーグを購入決められたそうです。


AFボーグ71FL PENTAX K-3


ISO 800  SS1/320
ISO 800  SS1/400
ISO 800  SS1/100


--------------------------------------------------------------------
Y・Kさん

九州地方では毎日雨模様のお天気でカワセミの写真は暗くて解像しておりませんが勇気を出して送らさせて頂きました。
幼鳥で綺麗ではありませんが割合近くで写せました。

--------------------------------------------------------------------


16100501.jpg
16100502.jpg
16100503.jpg




posted by   at 18:22| AFボーグ71FL

2016年10月03日

「解像力の見分け方」風切り羽の写り




30日にカワセミの風切り羽の写りの比較をしましたが、今日の画像は他の野鳥の風切り羽のトリミング画像です。

それほど写り難い部分では無いのですが、写り易い部分とは違い、潰れやすいです。



上から

キビタキ
アオジ
スズメ
ミヤマホオジロ メス
ミヤマホオジロ オス
ツグミ
キセキレイ
ホオジロ
メボソムシクイ



16100301.jpg
16100302.jpg
16100303.jpg
16100304.jpg
16100305.jpg
16100306.jpg
16100307.jpg
16100308.jpg
16100309.jpg




posted by   at 17:31| 解像力の見分け方

2016年09月30日

「解像力の見分け方」 写りの悪い作例




昨日の画像の一枚目のまずまずの画像と、

写りの甘い二枚目の画像です。


昨日の三枚目はさらに写りが悪いので今日は扱いません。(笑)




7日にアップした画像の黄色で囲んだ部分の比較です。

どちらも等倍トリミング。




一枚目と比べると二枚目はかなり甘い画像と感じられると思います。


近距離で大きく写った画像なので、二枚目の写真でも羽毛は写っているように思われる方もおられると思いますが、こんな写りで少し距離のある画像ならべた〜っと甘い画像になると思います。




16093001.jpg
16093002.jpg






posted by   at 18:31| 解像力の見分け方

2016年09月29日

「解像力の見分け方」 写りの悪い作例




7日にアップしたカワセミの画像と同じ日に撮った写真のうち、写りの悪い作例です。
ブレのためだけではなく、ピントの合っている位置の問題もありますが。

後日部分的に比較します。



一枚目がそこそこ解像した写真。

二枚目は写りの甘くなった写真。
こんな写りではレンズの解像力云々は言えません。

三枚目はさらに写りの甘い写真。
こんな写真でも小さく縮小すればどうにか見れます。(四枚目)


四枚目、ノートリ縮小。





16092901.jpg
16092902.jpg
16092903.jpg
16092904.jpg




posted by   at 18:27| 解像力の見分け方

2016年09月23日

佐賀県 Iさん BORG50FL カワセミ




佐賀県のIさんからカワセミの作品を頂きました。


やっと納得できるカワセミの解像写真が撮れたということです。



野鳥撮影は生き物が相手ですのでそう簡単には撮れません。
かと言って撮り易いカモやアオサギなどを撮っても面白くありません。

IさんもBORGを購入してから4年になるそうです。


この少ないチャンスに撮影できた時に、解像力の悪いレンズだと残念な結果になります。
もちろんボーグでも簡単に解像出来るものではありませんが。


さらにレベルアップを目指されるということです。



50FL テレコン721 4 K5
ISO250 SS1/500
車内から半手持ち撮影
ノートリ



16092301.jpg
16092302.jpg




posted by   at 15:31| デジボーグ50FL

2016年09月21日

AFボーグ71FL イソシギ





9月16日に書きましたように、大分県Yさんのイソシギで日の目を見れなかった私のイソシギです。(笑)

解像悪い画像ですが。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3



ISO400  SS1/1250

ノートリ、80%に縮小。




16092101.jpg
16092102.jpg
16092103.jpg




posted by   at 17:33| AFボーグ71FL

2016年09月20日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL作品




アメリカ在住のSさんからAFボーグ71FLの作品を頂きました。


先日はシロハラミソサザイを頂きましたが、今回はハシナガヌマミソサザイというそうです。



上から

クーパーハイタカ
ISO250  SS1/800


ハシナガヌマミソサザイ
ISO400  SS1/2500


エボシクマゲラ
ISO800  SS1/400




すべてノートリです。

クーパーハイタカは等倍
2、3枚目は当方で縮小。



16092001.jpg
16092002.jpg
16092003.jpg



posted by   at 17:21| AFボーグ71FL

2016年09月16日

大分県Yさん AFボーグ90FL イソシギ




明日から三連休です。
連休は台風も近づいていてお天気はあまり良くないようなので野鳥撮影は諦めて今から夜釣り出発です。



17日、18日は泉州のトップを切って岸和田祭りです。
10月になると泉州一帯で秋祭りです。
岸和田祭りが終わると秋が来た感じがします。




大分県Yさんから頂いたシギの写真です。

実は私も先日イソヒヨ以外にシギも撮ったので次にアップの予定だったのですが、小さくて貧弱なので先にこちらをアップさせて頂きました。(笑)


90FL AF直 K-3 ライブビュー
ISO400 SS 1/500

80%に縮小。


16091601.jpg



posted by   at 16:30| AFボーグ90FL

2016年09月13日

大分県Yさん AFボーグ90FL カワセミ  小鳥はほんとに小さい被写体です。




鳥が近くに止まってくれてチャンス!とばかりに撮影したものの、思ったより小さく写っていてトリミングしないと仕方がない。
おまけにブレなどで写りが甘く縮小すると小さい写真になってしまった。


皆さんも良く経験されていることと思います。



大分県Yさんも最近なかなか至近距離で撮れないと言うことで、90FL直AF(換算1,275mm)で撮影されたということです。
先日の71FLでのカワセミはかなり近いだろうと思っていました。

今回もまだ、十分に至近距離だと思いますが。(笑)




先日のアメリカ在住 Sさんから頂いたAFボーグ71FL アンナハチドリも、(ご本人には確認しておりませんがSさんもブログをお持ちのようでその記事では)最短前後で撮られてピントが合わせられないシーンもあったようです。

71FLのオリジナルセットは最短約5.1メートル(ドロチューブを伸ばせば約4メートル)ですのでかなり近いですが、


小鳥はほんとに小さい被写体です。




--------------------------------------------------------------------
Yさん

お世話になります。

最近はなかなか至近距離で撮る事が出来なくなりました。
その為に90FLにしましたが今度は解像したのが撮れなくなり悩んでいました。

71FLではそんなに感じなかったのですが私が撮影している場所は竹藪なので三脚を立てた
場所の下が竹の根があるようで三脚が、がっちりしていなくてブレ写真ばかりでした。
自信がなくなってしまい初心に帰るつもりでAF直にし、ライブビューを使いながら撮ってみました。
久しぶりに90FLで何とか見れる写真が撮れましたの嬉しくなりました。

早速画像を送らせて頂きます。



90FL AF直 K-3 ライブビュー

ISO400 SS 1/400
ISO640 SS 1/640
ISO640 SS 1/640
ISO400 SS 1/160

90FL AF NO3短縮 K-3 手押しシャッター
ISO1250 SS 1/1600
--------------------------------------------------------------------




16091301.jpg
16091302.jpg
16091303.jpg
16091304.jpg
16091305.jpg




posted by   at 18:15| AFボーグ90FL

2016年09月12日

「写りの悪い写真」イソヒヨ  AFボーグ 71FL




土曜は孫とサビキ釣りです。
汗かくかな思っていましたが(笑)、暑さも随分和らぎ、殆ど汗もかかずに釣りが出来ました。



写真はピントがまったく合っていないイソヒヨです。(笑)

朝から川を見て回っている時に、堰堤の魚道にカワセミが止まっているのを二度見たので、その後一時間ほど堰堤で待ってみましたがカワセミは来てくれませんでした。

堰堤では魚がどんどん下って行っています。
堰堤の下は凄い数の魚です。
それを狙ってシラザギやアオサギは常に居ます。

イソヒヨが準備していた距離より近いところに止まりましたので、AFのピント範囲からはずれ、それもAF動かして連写4枚目はカラでしたのでこの絵だけです。
どうにか尾の先辺りにピントが来てます。頭部のピントはかなりずれています。

上からの撮影で、イソヒヨがこちら向きですので、ピントの合う部分は少なくなります。
これが向こう向きで背中を撮るとピントの合う部分が多いのですが。

これからはこんな「写りの悪い写真」もアップしていきます。



AFボーグ 71FL+250D
1/2に縮小。



16091201.jpg



posted by   at 18:02| AFボーグ71FL

2016年09月08日

お知らせ

今日はお知らせです。



ごく稀ですが、当店にも55FLの問い合わせがあります。

55FLは焦点距離が短いため、当店では取り扱いしておりません。
ホームページにもその旨記載しました。
(当店お得意様のお取り寄せは対応させていただきます。)


50アクロ(250mm)に1.7×AFを付けても野鳥撮影においてはその焦点距離の短さを実感したからです。




今回ホームページへ記載するに際して、グーグルで「BORG 55FL 野鳥」で検索してみましたが、トップの画像一覧には私の90FL等撮影の画像が出てきているぐらいで、やはり55FLのまともな野鳥作例は無いのですが、

それとは別に何やら55FL激安のサイトや、リンク切れのサイトが沢山ヒットしたのが気になりました。



? と思いましたので、お知らせです。






posted by   at 18:42| デジボーグ55FL

2016年09月07日

「解像力の見分け方」




新しく「解像力の見分け方」カテゴリーを作成しました。


解像の悪い作例等をアップしていくと言いながら、なかなか作成が遅れていた「解像力の見分け方」のページですが、

ようやく更新して行く段取りとなりました。 




今日の写真は、カワセミの写り易い部分と写り難い部分の例です。
(写り易い部分の例です。この作例のその部分が写っているということではありません。)


青色  少々写りの悪いレンズや、ブレやピントが悪くても余程でない限り写る部分です。

黄色  ピントやブレをある程度適正に対処出来れば写る部分です。

赤色  しっかりピントを合わせて、ブレも抑えないと写らない部分です。


上記のようなかたちで、野鳥別に写り易い部分と写り難い部分。また、大きく写っただけの写りの悪い画素などの作例をアップして行こうと思います。




解像し易い鳥や、解像し難い鳥。解像力の悪いレンズや、撮影が悪くても写る部分や、簡単には写らない部分など、

ブログにアップしながら「解像力の見分け方」のページを更新していきます。





16090701.jpg




posted by   at 17:14| 解像力の見分け方

2016年09月05日

猛暑も幾分和らいでカワセミ撮影開始。



この夏、大阪は猛暑日の日数を記録更新しましたが、私もあまりの暑さで八月初めに撮影に行ってからは、撮影はせずに撮影の場所探しに専念していました。

先日、朝方は幾分暑さも和らいだので、ほぼ一か月ぶりに撮影しましが、日が当たり出すとやはりまだ暑いです。
この土日もまたぶり返して暑かったです。


今週は最低気温も下がってきそうで、朝の撮影は出来そうな気温になりそうです。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3



ISO800 SS1/2500

ノートリ、80%に縮小。



16090501.jpg
16090502.jpg




posted by   at 18:56| AFボーグ71FL

2016年09月02日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL アンナハチドリ




アメリカ在住のSさんから今度はPENTAX K-3U AFボーグ71FL+Canon 250Dでアンナハチドリのホバリング他の作品を頂きました。



トリミングしておりません。ノートリです。

当方で縮小。




鳥の瞼の多くが下から閉じられるのは、上空の敵をいち早く察知するためのようですが、ハチドリは上かららしいです。(写真5枚目)





ISO400  SS1/2000
ISO400  SS1/2000
ISO400  SS1/2000
ISO400  SS1/1000
ISO400  SS1/1000




--------------------------------------------------------------------
Sさん

前回送らせていただいたハチドリの写真は満足できるものではありませんでしたが、今朝、思わぬシャッターチャンスに恵まれ、自分で納得できる解像で撮れたので送らせていただきます。

アンナハチドリという種類で、光の当たり具合や身体の状態で色が変化し(オスは喉から顔にかけルビー色に変わることも)、もっと色鮮やかな姿になることもあるのですが、今回は比較的地味な姿ばかりになってしまいました。
まだ試行錯誤中ですが、次の目標はもっと色鮮やかな姿を収めることです。

今回は、K-3ii + AF 1.7 + D250 手持ちで撮りました。


追記ですが、クビが白い個体は多分幼鳥で、クビのあたりに赤い色が見える個体は多分子どものオスかと思われます。
また、瞼を閉じている写真も含めましたが、自分の知る限りほとんどの鳥類は下瞼を閉じるものと思いますが、ハチドリは上瞼を閉じることを初めて知りました。

-------------------------------------------------------------------



16090201.jpg
16090202.jpg
16090203.jpg
16090204.jpg
16090205.jpg



posted by   at 16:57| AFボーグ71FL

2016年08月31日

アメリカ在住 Sさん ニコン版AFボーグ71FL シロハラミソサザイ、アンナハチドリ。




アメリカ在住のSさんからニコン版AFボーグ71FL第二段の写真を頂きました。


シロハラミソサザイと言うそうです。
シロハラミソサザイを検索していて知ったのですが、ミソサザイだけでも80種以上あるようです。



既に昨日、次の写真を送って頂いています。
これがご自分でも「自分で納得できる解像で撮れた」と仰るぐらいのハチドリの素晴らしい画像です。
明後日アップさせて頂きます。




ISO800  SS1/1000
ISO800  SS1/1000



当方でトリミング、1/2に縮小。


--------------------------------------------------------------------
Sさん

Nikon D500 + AF BORG(Canon 250D 使用)にしたら、これまで以上に写真を撮りに出掛けるのが楽しくなり、
今朝も早速出掛け、Anna’s Hummingbird)とシロハラミソサザイ(Bewick’s Wren)を撮ることができました(ほかにもいろいろ撮ったのですが、歩留まりはまだまだです)。

アンナハチドリの方はざらつき感もあり解像もいまひとつですが、自分としてはこれまで通常の望遠レンズで撮ってきたものと比べるとくっきりと撮れた方だと思います。
写真のアンナハチドリはおそらくメスか幼鳥なのであまりカラフルではありませんが、成鳥オスは喉や顔周りが赤くなり写真映えする姿になります。
今後は、今回以上によいものを撮るのが目標です。

--------------------------------------------------------------------





16083101.jpg
16083102.jpg




posted by   at 17:47| 未分類