バーダーショップ フジノです。
常時ボーグ本体在庫大量確保
当店では毎週の多目の見込み発注による商品確保で週単位で順次入荷しております。
そのためメーカー納期状況にかかわりなく即納が可能となっております。


当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像と評価、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。


2016年12月28日

笠井トレーディングのマイクロフォーカス三機種の比較動画




笠井トレーディングのマイクロフォーカス三機種の動き(回転のスムーズさ)の比較の動画を撮りました。

動き具合はローラーの圧の調整具合にもよりますが、普段使っている滑らない程度の調整です。



V-Power接眼部はグルっと回した勢いでかなり動いて行きます。(上方向にでも)
もちろんハンドルを止めればピタリと止まります。
高機能DXマイクロフォーカスはV-Powerより劣りますが、回した勢いで結構動きます。
(動画は旧LMF-1ですが、現行のDXマイクロフォーカスはV-Powerと同じくローラーにダイヤモンドパウダーコーティングがされ滑りにくくなり、ローラー圧も緩めることができると思いますので動きも旧LMF-1より良いと思われます。)



動画は

V-Power接眼部(最上位機種)
高機能DXマイクロフォーカス接眼部(上位機種) 旧LMF-1
屈折用マイクロフォーカス接眼部(エントリーモデル)

の順です。



16122802.jpg



2016年03月17日

機材紹介 高機能DXマイクロフォーカス接眼部 と 71FLユーザーオリジナル



今日発送分の植毛紙を貼る際に写真を撮らせてもらいました。


上の2枚は1月からの新しいロットの高機能DXマイクロフォーカス接眼部BORG仕様です。

新ロットから合焦ローラー中央部にスリップ防止のダイヤモンドパウダーがコーティングされました。
最大耐荷重量も約4kgから約5kgにアップしています。


また、旧LMF-1にあった笠井トレーディングロゴの前にある接続アダプターの回転固定用のツマミネジが復活しました。
ただ、ボーグはドロチューブに接続し、それが回転しますので基本的には無くても大丈夫です。

高機能DXマイクロフォーカスを逆さまにして使う場合このネジが雲台に当たって使いずらい場合があります。

その場合はこのネジとその反対側にあるネジ(二枚目写真)を入れ替えるなどしてください。




三枚目の写真は71FLの鏡筒を6011ミニボーグ鏡筒DX-SDに組み替えご希望のお客様のオリジナルセットです。

71FLも80φ鏡筒+マイクロフォーカス接眼部(90FLオリジナルの鏡筒と同じ)に組み替えもOKです。



16031701.jpg
16031702.jpg
16031703.jpg



2015年11月10日

高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)のメーカー在庫が切れました。


高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)のメーカー在庫が切れました。

当店にはセット品分は少量ですが確保しています。



ボーグブランドのLMF-1の販売終了で大幅に価格も下がり、今までより早いペースでDX接眼部が売れ出したことで在庫切れとなってしまったそうです。現在鋭意製作中ということです。


当店もボーグ時代の倍のペースで出ていると思っていたところです。



V-Power接眼部、屈折用マイクロフォーカス接眼部につきましては在庫があります。
ぜひ、ご利用ください。

今日もV-Powerの90FLオリジナルCセットをお届けしています。



このような状況に伴いまして、今後はマイクロフォーカスの在庫確保に重点を置き、各BU-1セットの在庫の取り扱いは休止させていただくことといたしました。





15111001.jpg



2015年10月15日

高機能DXマイクロフォーカス接眼部BORG仕様順調です。

 
 
笠井トレーディングの高機能DXマイクロフォーカス接眼部BORG仕様(旧LMF-1)ですが、LMF-1より価格が大幅に下がった為か順調に出ています。

やはり、長い焦点距離の鏡筒でのマニュアルフォーカスによる野鳥撮影はこれが無いと使えないと言って良いくらいです。





今日はネットの回線をやり替える工事の日で、
なんとか接続やり終えました。

申し込み時はショップの電話番号が引き継げないということでしたが、そのまま使えるようです。
メールアドレスは後日変更予定でご迷惑をおかけします。





ペンタックスマウントもニコンなどの他のマウントから新たに導入される方が続きます。

今日も、当初オリンパスマウントで本体購入頂いたお客さんからペンタックスマウントのご注文がありました。
また、フジカメラをお持ちの方からも同時にペンタックスも導入されるということで71FLのご注文を頂きました。
有難うございます。


マウントは5002に接点テープを貼る方法をお勧めしています。

接点テープはサービスです。
(当店会員様(当店にてレンズ本体を新規購入、または、これまでにお買い上げ頂いた方)のみへのサービスです。)





15101501.jpg



2015年08月21日

笠井トレーディング マイクロフォーカス接眼部



一枚目はLMF-1(ボーグロゴ入り)のアダプターを外した写真です。

二枚目はCAPRI-80EDの鏡筒の後部。
後部がアダプターと同じ形をしています。

三枚目がCAPRI-80EDにLMF-1を取り付けたところです。



逆にたとえばBLANCA-70ED(420mm)52,000円を購入して、BORG用アダプター3,800円も購入すれば屈折用マイクロフォーカス接眼部がボーグにも使えます。
90FL、89ED、77EDUをヘリコイドMでお使いの方にはお勧めです。



一昨日ご紹介した屈折用マイクロフォーカス接眼部BORG仕様、高機能DXマイクロフォーカス接眼部BORG仕様はこのアダプターがセットされています。

V-Power接眼部BORG仕様は別の仕様のボーグ用アダプターがセットされています。





15082101.jpg
15082102.jpg
15082103.jpg