バーダーショップ フジノです。
常時ボーグ本体在庫大量確保
当店では毎週の多目の見込み発注による商品確保で週単位で順次入荷しております。
そのためメーカー納期状況にかかわりなく即納が可能となっております。


当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像と評価、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。


2012年04月22日

今日は小原さんの番組です。

今日は小原さんのアザラシの番組の二週目です。

4/22(日) 18:30 テレビ朝日 「奇跡の地球物語」



125SDにAFアダプターで換算1912mm。

さすがにブレそうなのでデジスコ時代のレリーズを引っ張り出してきました。
それにせっかくのミラーレスの長所を生かしたく


アルミで自作したものはサイズが合わないのでこちらを。
隠れるボタンもあるがどうにか使えるでしょう。


それにしても輪ゴムをどうにかしたい。(笑)

12042201.jpg
posted by   at 17:18| AFボーグ125SD

2011年11月19日

AFボーグ125SD PENTAX K-5 カワセミ

カワセミポイントが水曜日から水道工事が始まってしまいました。
今丁度撮影ポイントの前を工事しています。

しばらくダメなのでその間に本命ポイントに行ってみようと思っていましたが今日はよく降っています。
最近川の水が減り過ぎていたので丁度良いですが。

本命ポイントは葉っぱが多く冬にならないと撮り難いのですが、少し葉が透けてきたようです。
去年はメジロを撮っていて撮り出したのが二月と遅すぎたので、今年は遅れを取らないように早く始めます。



写真は先日のデジボーグ125SD 0.85×DGL AFアダプター PENTAX K-5 の等倍です。

距離は7メートル程と思うので、カワセミの大きさから見ても縦は8cmぐらいの撮影範囲ではないかと思います。

二枚目は1cm分、縦1/8の408ピクセルを切り出したもの。
三枚目は5mm分、縦1/16の204ピクセルを切り出してそれを2倍に拡大したものです。

この大きさで羽毛一本の幅は2〜3ピクセルで表示されているようです。
これで撮影時に2ピクセル分もブレれば羽毛は解像できないのでしょうね。

この時のSSが1/250ですから1秒に500ピクセル分揺れるスピードです。
二枚目の写真の1cmが408ピクセルなので、500ピクセルだと12mmほど。

一秒で12mm揺れる程度なら速い揺れではないですね。
ブレは余程気をつけないと羽毛は解像できないようです。

11111901.jpg
11111902.jpg
11111903.jpg

posted by   at 08:54| AFボーグ125SD

2011年11月14日

AFボーグ125SD PENTAX K-5 カワセミ

デジボーグ125SD 0.85×DGL AFアダプター PENTAX K-5

125SDでこの距離ですと0.85×DGLを付けてもAFが効きませんでした。
DGLが実際は0.85×より大きいこともあると思いますが。


ISO400 SS1/250

ISO640 SS1/125

11111401.jpg
11111402.jpg

posted by   at 15:51| AFボーグ125SD

2011年08月27日

AFボーグ125SD

一昨日のブログの間隔を小さくした接続でボーグ125SDにACクローズアップレンズ接続とレデューサーで撮り比べました。
AFアダプターを接続してます。

鳥を撮らないと分かりませんが、今までこの屋根で試し撮りしてきた感覚ではこれなら使えそうです。

1.レデューサーDGL
2.ACクローズアップレンズNo3 49mm
3.ACクローズアップレンズNo4 49mm

11082701dgl.jpg
11082702no3.jpg
11082703no4.jpg
posted by   at 16:33| AFボーグ125SD

2011年04月24日

125SD

先日101EDよりAFの効きが悪く感じた125SDの接続ですが、写真のように接続しています。
これを125SDのドロチューブの後方に接続してほぼ無限です。

筒の先端からマウント面までが220mm少し、フランジバックが45ミリほどなので合計265mm

ペンタックスのAPS-Cの対角長さは30mm弱。
筒の内径が約50mm。

125SDが口径125mm焦点距離750mm。
全体の前から2/3の辺りに口径50mmの筒があることになります。

少し絞られた状態になってAFの効きが悪いのか。
無限側ほど先端が前へいくので影響は大きいということか。
F値がほぼ同じ101や77でも同じことになるのでしょうか。

今日、これで写した距離30メートルほどのカモです。
AFで写していますが殆ど効きませんでした。
しかし、さすがに大きく写ります。

11042401.jpg
11042402.JPG

posted by   at 19:10| AFボーグ125SD

2011年04月23日

AFボーグ 125SD直AF

先日最初に101EDに直接AFアダプターを付けた時に125SDでも試しました。
101EDはその後接続パーツを変えてかなり良くなったのですが、
その最初に試したときに実は125SDの方が明るいはずなのにAFが効きませんでした。
今日パーツを変えてみるといつも室内で試している6メートル先のパソコンの小さいランプで効いたり効かなかったり、文字はほぼダメ。
しかしこれだと今までの経験では使えそうに思います。

101もまた試してみましたがやはり接続で効き方が違います。

写真は77EDUノーマル 換算765mmで写したものと125SD+AFアダプター 換算1912mmで写したものです。
換算1912mmはすごいですね。

11042301.jpg
11042302.jpg
posted by   at 15:48| AFボーグ125SD