バーダーショップ フジノです。
常時ボーグ本体在庫大量確保
当店では毎週の多目の見込み発注による商品確保で週単位で順次入荷しております。
そのためメーカー納期状況にかかわりなく即納が可能となっております。


当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像と評価、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。


2017年03月25日

鹿児島県 Hさん作品



鹿児島県 Hさんから頂いたジョウビタキ他の作品です。


ジョウビタキやルリビタキはテリトリーを巡回してきます。

地鳴きが聞こえてくるので、よそ見してても分かり易いです。
この鳥は居ついている個体を待ちの撮影が良いです。




私は今日はヤマセミ観察です。

去年はまずトマリモノ撮影し、
その後横飛びのシーンを撮影しているうちにお天気が悪いのと梅雨入りで終了しました。

今年は別のシーンを狙いたいので、どこでどうシャッター切るかの観察です。



ISO 400 SS1/400  77EDU+FAF1.7+4+K-3 等倍
ISO 200 SS1/1250  71FL+FAF1.7+4+K-3 等倍
ISO 400 SS1/1000  77EDU+FAF1.7+4+K-3 80%に縮小。
ISO 400 SS1/640  71FL+FAF1.7+4+K-3 80%に縮小。


--------------------------------------------------------------------
Hさん

・・・・・ジョウビタキ♂は必ず止まる木がありその前で三脚を構えて
かなり近くで待っていても必ずと言っていいほど来ます。

--------------------------------------------------------------------



17032501.JPG
17032502.JPG
17032503.jpg
17032504.jpg



17032501.JPG
posted by   at 18:26| AFボーグ71FL

2017年03月23日

AFボーグ71FL ヤマセミ



お客さんから頂いた作品のご紹介が遅れています。
申し訳ありません。
明日も臨時休業させていただく予定ですが、作品は明日から続けてご紹介致します。



ということで今日はヤマセミをアップさせて頂きます。

トビモノ狙って71FLを短縮して撮影しています。
その為大きく撮れないのもあってトマリモノの撮影が雑になってしまいます。(笑)



以前はヤマセミ撮影はなるべく暗いうちからスタンバイするようにしていましたが、
山間部は日が当たるのが遅いのでそれはやめました。

この日は九時前に止まり木にヤマセミが居ないことを確認して川に近づいたところで上流側の電線に止まって居るのが見えました。
当然ヤマセミも気づいて上流へ飛んでしまいましたが、すぐに二羽で戻ってきて「ケケケッ」と頭の上を回った後下流へ行ったので、
ワンタッチテントを開いて取り敢えず中に入って機材をセットした時にまた二羽で戻って来てくれて一枚目と二枚目の木に止まりました。

ヤマセミは一度姿を見られたら後は来ないというような話もありますが、
今年はヤマセミ撮影のアプローチの仕方や撮影時間も昼ごろ狙いも良いのではという気がしてきて、色々試してみたいと思います。




AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3


1〜4枚目 ノートリ縮小 ISO 800 SS 1/2000。
5〜6枚目 トリミング縮小 ISO 1600 SS 1/1250。
7枚目 トリミング縮小 ISO 800 SS 1/2000。



17032301.jpg
17032302.jpg
17032303.jpg
17032304.jpg
17032305.jpg
17032306.jpg
17032307.jpg




posted by   at 08:37| AFボーグ71FL

2017年03月21日

AFボーグ71FL ヤマセミ



ヤマセミがかなり見やすくなっています。
今です。


この日はこの後、他の二本の川の様子を見てきましたが、
どちらもヤマセミが見れました。
一か所では去年と同じ所に先月行った時は無かった新しい巣穴が掘ってありました。


去年と同じパターンで繁殖に備えて移動し始めているようです。
見れるポイントが変わっています。
去年より少し遅いようですが。


細い川なので横から撮れません。
正面から飛んで来て、2、3メートル横を通過します。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3

ISO 800
SS 1/2000

トリミング縮小。




17032101.jpg
17032102.jpg




posted by   at 17:10| AFボーグ71FL

2017年03月14日

空中モノ 残り カワセミ、セキレイ、ジョウビタキ。



昨日のシロハラ以外の空中モノです。
カワセミ、セキレイ、ジョウビタキ。


シロハラの前にジョウビタキがウロウロしてくれたのですが、最初はシャッターのタイミングが合わずジョウビタキは着地後の写真ばかりでした。



トリミング縮小。
ISO 800
SS 1/2500

AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3




17031401.jpg
17031402.jpg
17031403.jpg
17031404.jpg
17031406.jpg




posted by   at 07:41| AFボーグ71FL

2017年03月13日

シロハラ 空中モノ



シロハラの空中モノです。(笑)


遠かったのでトマリモノはシャッター切らずにこれだけ狙いました。
これも面白いです。


トリミング縮小。
ISO 800
SS 1/2500

AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3





先日、今月は売り物が無いので臨時休業を多く取らせていただくと言いましたが、(笑)
まず、今週は15日、16日を通常の休業日に追加で臨時休業させていたたきます。




17031301.jpg
17031302.jpg
17031303.jpg
17031304.jpg
17031305.jpg
17031306.jpg
17031307.jpg




posted by   at 08:20| AFボーグ71FL

2017年03月06日

北海道M.Mさん 作品。





北海道M.Mさんから頂いた作品です。




M.Mさんは71FL、AF+250D、K-3ii手持ちで撮られていて、
「この組み合わせだとオートフォーカスの利きもよく、割と簡単に、ある程度の
写真が撮れるので、それなりに満足してきました。しかし、「ある程度」以上の
写真がなかなか撮れません。」
特にヤマセミが距離があって厳しいということで90FLをお買い上げいただきました。



私も鳥撮り始めたころは、散歩がてら手持ちでブラブラと楽しめたらと思いました。
そういうスタイル、それはそれで良いのですが、
しかし歩いて行ったら、まず鳥は逃げますし、撮った写真は小さいわ、ブレてるわで
結局は楽しめません。
今では殆どしなくなりました。

71FLの良い所は軽くて手持ち撮影可能なところですが、やはり望遠撮影は基本は三脚使用です。



90FLで短縮せずにAFアダプターで35mm換算1275mmです。
もし、ヤマセミを1275mmで撮っていたらどれぐらいにの大きさに写ったかと一枚目の写真をトリミングしてみました。(二枚目)
ヤマセミはなかなか解像感が出ないですが、これぐらいの大きさで等倍でびしっとくればかなり解像感でると思います。


AFは短縮有と無しでは大きく違いますので、AFの効き、合い具合、ブレも71FLで短縮したのとは格段に違いますが、
それでも90FL1275mmなら実用的です。
1300mmぐらいまでが限度かなと考えます

89ED(600mm)にAFアダプターで35mm換算1530mm、ライブビューAFでもかなり歩留まり落ちます。
(大きく写っただけの羽毛の甘い画像ならなんぼでも撮れますが)

一度125SDにAF1.7ライブビューでカワセミのどアップやヤマセミをとも思うのですが、なかなか大層でその気になりません。
鏡筒が長いと人間がテントに入れないこともあるのですが。(笑)


--------------------------------------------------------------------
M.Mさん。

この一年、できるだけ手持ちで撮りたかったので、71FLをずっとAF+250Dの
形で使ってきました。上の写真はすべてそれで撮ったものです(カメラは
IMGP2235(8枚目)のみKP、それ以外はK-3iiです。KPは、高感度につられてつい
買ってしまいました)。

この組み合わせだとオートフォーカスの利きもよく、割と簡単に、ある程度の
写真が撮れるので、それなりに満足してきました。しかし、「ある程度」以上の
写真がなかなか撮れません。
特に、ヤマセミは撮るときには距離があり、なかなかコレという写真が撮れ
ません。この一年でヤマセミは数千枚撮ってきましたが、せいぜい今回見て
いただくような写真が関の山で、やはり三脚を使ったもっと本格的な撮影に
ステップアップしないと、藤野さんのようには撮れないんだなと、つくづく
感じております。

--------------------------------------------------------------------


ノートリ、縮小。




17030601.jpg
17030602.jpg
17030603.jpg
17030604.jpg
17030605.jpg
17030606.jpg
17030607.jpg
17030608.jpg




posted by   at 13:17| AFボーグ71FL

2017年03月03日

AFボーグ71FL カワセミ




最近、妙なお問い合わせが続きましたので、(笑)

「攻略! デジボーグ」のページのヘリコイド、BU-1他の説明を取り敢えず追加しました。

さらに明快に分かり易く説明していきたいと思います。





しょうもないトビモノの画像がたまってきます。(笑)

ホバリングしてくれたのですが暗くてダメでした。
(三枚目はホバではないですが。)

AFボーグ71FL

ISO 1250
SS 1/1600




17030301.jpg
17030302.jpg
17030303.jpg




posted by   at 14:04| AFボーグ71FL

2017年03月01日

岐阜県Oさん作品




岐阜県のOさんから頂いたカワセミ他の作品です。


Oさんは89EDを購入頂いた後、71FLを購入いただきましたが、今回は71FLの作品ばかりです。
「お客さんの作品ページ」にアップさせていただいたOさんの作品には89EDのカワセミのダイブもあります。


年明けに71FLを購入いただいた静岡のお客さんも以前に89EDを購入いただいていますが、
「71FL使ってますが手軽に持ち出せて写りも良いので毎日持ち歩いています。」ということです。


私も先日偶然ミサゴのドアップを撮ることが出来ましたが、三脚を使える状況では無かったので71FLでなかったら撮れていませんでした。




オオマシコの画像が青みが強かったので、ポイントツールでホワイトバランスを修正してみました。


--------------------------------------------------------------------
Oさん

岐阜県のOです。寒い季節もなんのそので、冬鳥の撮影に
励んでおります。その間カワセミ君の撮影はお休みしております。

2016年のお客さんの作品に、3点も掲載されていまして、驚いておりますとともに
ありがとうございます。今後の励みになります。ほかの方の作品と比べますと
少し恥ずかしくなってしまいます。いつかは藤野さんのようなスカッとした透明感のある羽毛の
超高解像写真を撮れることを目標に、日々山野をうろついております。

「カワセミとヤマセミの探し方、写し方」のPDFを希望します。
ちなみにまだヤマセミは見たこともありません。

修行途中の写真を送らせていただきます。アドバイスが頂ければありがたいです。

添付写真のデータ
カワセミ AFBORG71FL 250Dなし K3  ISO400  1/2500sec

オオマシコ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO400  1/320sec

ジョウビタキ♀ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec

ルリビタキ♀ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec

ルリビタキ♀2 AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec

ルリビタキ♂ AFBORG71FL 250Dあり K3  ISO800  1/1600sec

全てカメラの露出はMモードで、RAWのみで撮り、ピントはAFに頼っており、LightRoomにて現像しております。

--------------------------------------------------------------------



カワセミのみ三脚撮影。
他は手持ち撮影だそうです。


カワセミは等倍、他は1/2縮小。



17030101.jpg
17030102.jpg
17030103.jpg
17030104.jpg
17030105.jpg
17030106.jpg



posted by   at 14:45| AFボーグ71FL

2017年02月27日

鹿児島県Hさん作品 ミサゴの凄い画像。




鹿児島県Hさんから頂いたミサゴのの作品です。

1枚目、凄いです。
羽を広げたミサゴがノートリで丁度いっぱいいっぱいです。



等倍でアップしました。
ノートリです。

他はノートリ縮小。
このピント来てたら凄かったでしょうね。


私もヘリコイドとMMF-1を併用したこともありますが、
ヘリコイドを前につけるとブラインドの窓から手も見えてしまいますので、車やテントで三脚を使う場合は最近は71でも80鏡筒でLMF-1です。

やはり操作は一つにするともたつかずに早いです。



またチャンスがあるのでは。



ISO 200 SS 1/640
ISO 200 SS 1/800
ISO 200 SS 1/800
ISO 200 SS 1/640

--------------------------------------------------------------------
Hさん

お世話になります。

今回もカワセミ狙いで71FLレンズに60鏡筒でヘリコイドVとMMF-1をセットし
近距離から約7〜8m位までの距離にピントを合わせて待機。

すると少し離れたところで「ドボン」と大きな音が…
見ると水面で羽を広げたままのミサゴ。
慌ててヘリコイドVとMMF-1でピントを合わせ直し、水面のミサゴ1枚は撮れましたが
自分の方へ向かってくるミサゴに対してMMF-1でピントを合わせる事を忘れてしまいピンボケ。

80鏡筒でLMF-1を使用していたら、もしかしてすごくいいのが撮れてたかも?
悔しいですね。
ピンボケのミサゴも含めアオサギ、カワウの写真も添付します。

写真は71FL+FAF1.7+4+K-3です。
枚数が多くて申し訳ありません。

--------------------------------------------------------------------




17022701.JPG
17022702.jpg
17022703.jpg
17022704.jpg




posted by   at 17:53| AFボーグ71FL

2017年02月19日

AFボーグ71FL ミサゴと大型クロダイ 3回目。



AFボーグ71FL ミサゴと大型クロダイ 3回目。



10日のミサゴの3回目アップです。



先日のカラスの待ち受ける岩への移動のシーンです。



食べかけのクロダイを持って飛び立ちましたが、すぐにトボン。


何とかたどり着いて這い上がったという感じです。




トリミング 縮小




17021901.jpg
17021902.jpg
17021903.jpg
17021904.jpg
17021905.jpg
17021906.jpg




posted by   at 20:28| AFボーグ71FL

2017年02月17日

「週刊文春」の表紙のイラストにメジロの写真が使われました。



今週号の「週刊文春」の表紙のイラストに71FLのメジロの写真がモデルに使われました。


イラストは和田誠さん。
たばこの「ハイライト」のパッケージをデザインされた方なんですね。
私は禁煙するまでショートホープ一筋でした。(笑)

奥様は料理愛好家の平野レミさん。


メジロは2011年にAFボーグ71FL PENTAX K-5で撮ったものです。
今見ると甘い画像です。

もうそろそろこの梅が咲きだしていると思います。






ついでにもう一件、北海道テレビ「おにぎりあたためますか」(大泉洋さん他)の番組内でヤマドリの写真が使われました。

すでに14日に放送されていると思いますが、こちらでは来週分の放送のようです。




17021701.jpg
17021702.jpg




posted by   at 17:13| AFボーグ71FL

2017年02月15日

AFボーグ71FL ミサゴと大型クロダイ 二回目。



10日のミサゴの二回目アップです。


ミサゴが獲物を捕るとすぐにトンビとカラスが寄ってきます。

しかし一番先にミサゴに接近したのは何とカモメです。

トンビは周囲をウロウロ。

潮が上がってきてミサゴがカラスのいる岩に移動。

カラスを追っ払った後、アオサギが来てました。




17021501.jpg
17021502.jpg
17021503.jpg
17021504.jpg
17021505.jpg
17021506.jpg





posted by   at 16:54| AFボーグ71FL

2017年02月10日

AFボーグ71FL ミサゴと大型クロダイ。




先日のカワセミの後に撮ったミサゴです。


カワセミを撮っているとすぐに曇って来たので、撮影は終了のつもりでメジロと梅の咲き具合とミサゴの様子を見に海へ行ったのですが、
飛んでいる一羽のミサゴを見つけた時に、その一羽が急降下し、その時、また別の二羽のミサゴが近づいて来ました。
その二羽のミサゴに気を取られていると先に飛び込んだはずのミサゴが飛び上がって来ません。

あれっ?と水面を探すと、ミサゴが溺れています。(笑)

これはチャンスと慌ててカメラを出してファインダーを覗くと小さい。
クローズアップレンズをつけたままだったのでそれを外して
セットした時にはミサゴは何とか岩場に這い上がったところでしたが、
大きなクロダイを捕らえたようでしばらく楽しめました。


こちらも曇っていましたが、日が差してくれる時もあり、それなりの写真が撮れました。


被写体までの距離も結構遠かったんですが、やはり1020mmあれば鳥が大きいのでそれなりの絵になります。

この後も面白いシーンが撮れましたので後日。


AFボーグ71FL 35mm換算1020mm 


トリミング 縮小



17021001.jpg
17021002.jpg
17021003.jpg
17021004.jpg
17021005.jpg
17021006.jpg
17021007.jpg





posted by   at 16:19| AFボーグ71FL

2017年02月08日

AFボーグ71FL カワセミ




今朝は曇って来たので、このあと海岸に行って来ました。

撮影するつもりはなかったのですが日が差した時間もあり、
運よくミサゴの面白いのが撮れました。





1枚目は等倍をアップしました。

2枚目は縮小。

どちらもトリミング。


AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3


ISO 800  SS 1/2000



17020801.jpg
17020802.jpg




posted by   at 17:44| AFボーグ71FL

2017年02月06日

AFボーグ71FL カワセミ




大分県Yさんから頂いたメールに、カワセミは♂と♀が見られ動きが活発になって来たと書いておられました。
これからを楽しみにされています。


丁度私も土曜につがいで飛んでいるのを見て、様子が変わってきたと思っていたところです。
これからが楽しみです。




写真は土曜の枝被りと甘い画像です。


AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3


ISO 800  SS 1/2000




17020601.jpg
17020602.jpg
17020603.jpg




posted by   at 17:22| AFボーグ71FL

2017年02月02日

AFボーグ71FL カワラヒワ レベルアップ



カワセミのオマケで撮れたカワラヒワです。


カワラヒワはこれまであまり良い条件で撮れたものがなくイマイチの解像感でしたが、
今回レベルアップ出来ましたので野鳥写真集にも掲載しました。




AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3


ISO 400  SS 1/1000

等倍



17020201.jpg
17020202.jpg



posted by   at 17:32| AFボーグ71FL

2017年01月30日

AFボーグ71FL カワセミトビモノ




年初めから71FLで直焦点や短縮のAFで撮っています。


「紀伊半島カワセミ奮戦記」のトップページにこの三ヶ月ほどの間に撮った「最新カワセミ写真」50枚ほどをアップしていますが、ドアップは堪能しました。(笑)
今年はカワセミ、ヤマセミのトビモノを何とかレベルアップできればと思っています。



この日は二時間ほど撮ってから別のポイントを見に行きました。
何年か前、夏に撮影していたが、日が当たる時間が遅くて行かなくなったポイントに行ってみると、
木が伐採されて日当たるようになっています。
良い止まり木が折れたり、刈られたりしてなくなることもありますが、新たに良い所に止まり木ができている場合もありますので、たまには見に行かないといけません。




AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3

ISO1000 SS1/2000



17013001.jpg
17013002.jpg
17013003.jpg




posted by   at 07:59| AFボーグ71FL

2017年01月26日

AFボーグ71FL カワセミトビモノ




PENTAX KPが発表されましたね。

今回は期待していたのですが、ちょっと残念でした。


連写が:7コマ/秒(JPEG28コマまで、RAW8コマまで)

K-3は連写:8.3コマ/秒(JPEG60コマまで、RAW23コマまで)


連続撮影可能枚数のRAW8コマはキツイです。


電子シャッターが使えるようになったくらいですか。

外付けの電子ファインダーができれば良いと思いますね。





今朝もよく冷えました。
と言っても大阪は最低が−1度ぐらいだと思いますが。

明日から少しマシなようです。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3

甘い画像です。




17012601.jpg
17012602.jpg




posted by   at 18:28| AFボーグ71FL

2017年01月18日

アメリカ在住 Sさん ハイイロチュウヒ等倍トビモノとケアシノスリ、AFボーグ71FL 




今日は3件の発送させていただきましたが、何と3件とも静岡県の方でした。

静岡は冬の寒さも穏やかそうですし、日照時間も多いようでいいですね。

静岡で普通に昼飯食べた時に何気なく出てくるお茶が甘いのにはびっくりしました。





先日コミミズクの作品をご紹介したアメリカ在住 Sさんのケアシノスリとハイイロチュウヒの作品です。

AFボーグ71FL PENTAX K-3 II。


コミミズクに続きハイイロチュウヒも等倍です。
当方で6016×4000から3400×2268に等倍トリミング。

ケアシノスリは50%に縮小したノートリ画像です。






ISO 500、SS 1/2000
ISO 320、SS 1/2500




17011801.jpg
17011802.jpg



posted by   at 17:47| AFボーグ71FL

2017年01月16日

AFボーグ71FL+Canon250D カワセミ




土日は寒かったです。
風も強かったので二日とも撮影はせず、ヤマセミの観察です。


私が観察するヤマセミは季節で場所を移動しているようです。
一か所、このヤマセミは移動しないのかな思っていると、やはり二回ほど前の観察から見かけず、
今回も居なかったので少し下流をじっくり探すと止まっていました。
この個体がそれかは分かりませんが、おそらく二月か三月にはまた元の場所で見れるようになるのではと思っています。






今日は二日に撮ったカワセミをLightroomで現像したものです。

二日の画像はカメラ内現像。


AFボーグ71FL+Canon250D

ISO640 SS1/2000
ISO320 SS1/1000
ISO640 SS1/1600
ISO500 SS1/1250
ISO400 SS1/1250

ノートリ、縮小。



17011601.jpg
17011602.jpg
17011603.jpg
17011604.jpg
17011605.jpg




posted by   at 18:40| AFボーグ71FL

2017年01月13日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL コミミズク飛翔写真 等倍トビモノ




年初から素晴らしい作品が続きます。


アメリカ在住 Sさんから AFボーグ71FL PENTAX K-3 IIで撮影されたコミミズクの作品を頂きました。


当方でトリミングした等倍画像と、80%に縮小したノートリ画像です。

トビモノも等倍OKです。


ISO 500、SS 1/3200
ISO 500、SS 1/3200
ISO 500、SS 1/4000
ISO 500、SS 1/1000




ケアシノスリとハイイロチュウヒは後日アップさせて頂きます。




ショップのトップページに最新のユーザー作例を常時4作品アップさせて頂くことにしました。




--------------------------------------------------------------------
Sさん

遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。
年が明けてから本日三度目コミミズクを撮りに行ってきました。天気がよかったこともあり、前回シェアさせていただいたものよりも鮮明なコミミズクの飛翔写真を撮ることができました。
いずれも 71FL AF での撮影です。ケアシノスリ(電線に留まっている個体)とハイイロチュウヒの写真も1枚ずつだけですがアップしました。

--------------------------------------------------------------------



17011301.jpg
17011302.jpg
17011303.jpg
17011304.jpg
17011305.jpg
17011306.jpg
17011307.jpg




posted by   at 18:23| AFボーグ71FL

2017年01月07日

大分県Yさん AFボーグ71FL カワセミ トビモノ




大分県Yさんから頂いたAFボーグ71FL カワセミのトビモノです。

距離はかなり近いようです。


NO.4短縮でISO1000 SS 1/1250ですので条件は良くなかったと思います。




鳥の行動は難しいです。
予測がつきません。



--------------------------------------------------------------------
Yさん

近頃はサービスの良いカワセミがすっかり姿を見せなくなり、からぶりばかりでしたが
別の個体(幼鳥)が時々出てくるようになりました。
この写真は運よく一日中楽しませてくれました時に71FLで手持ち撮影したものです。
(最後の飛びつきの写真だけは別の日に三脚を据えて撮影したものです)

この日以外はまたからぶりが多くなりました。

藤野様の言われるように撮れる時にしっかり取らないと突然いなくなったりするのが良く
分かりました。

90FLでの解像写真も狙っているのですが良いのが撮れていませんので
今度はオシドリの解像写真を撮ってみたいと思っています
運よく撮れました時には送らさせて頂きます。

71FL AF1.7 NO.4短縮 K3

ISO1000 SS 1/1250
ISO1000 SS 1/1250
ISO1000 SS 1/1250
ISO1000 SS 1/1250
ISO1000 SS 1/2000

--------------------------------------------------------------------



17010701.jpg
17010702.jpg
17010703.jpg
17010704.jpg
17010705.jpg



posted by   at 19:07| AFボーグ71FL

2017年01月06日

鹿児島県Hさん カワセミびっくりドアップ 他





今年のお客さんの作品第一弾は
鹿児島県Hさんから頂いたカワセミのびっくりするようなドアップとジョウビタキの作品です。


3メートル切ってそうな大きさですね。


焦点距離が長いほど難しいですが、
距離も近くなるほど難しいです。

要は大きく撮るのは難しいです。


二日のカワセミはAF71にクローズアップレンズで短縮し、少し後ろに下がって撮影しましたが、
これくらいだと選別に困るぐらいぐんと歩留まり良くなります。





二枚目のジョウビタキの腹もよく写っています。


等倍です。


ISO400 SS1/640
ISO400 SS1/500
ISO400 SS1/320
ISO400 SS1/500


--------------------------------------------------------------------
Hさん

お世話になります。

カワセミ♂とジョウビタキ♂の写真を添付します。

鳥全体のピントを合わせる事はなかなか難しいですね。

藤野様のブログの写真を見てみるとほとんどの写真で鳥全体のピントが
合っています。また解像度もすごいです。

それに比べ私の撮るほとんどの写真は良くて一部ピントが合いません。
上向きの撮影が多いからでしょうか。

被写体が少しでも離ていたり、鳥全体が水平に止まってくれれば全体的に
ピントが合います。

絞りを使ってもいますが被写界深度でピントがそんなに変わるとは感じません。
変わらなければ重い絞りを使うより少しでも軽くした方がいいのではと感じています。

いろいろ工夫していますけどなかなか難しいですね。

カワセミは11月に撮影したもので、今までで一番近いところで撮影しましたが
良くて目のあたりがわずかにピントが合っているのかなと思っています。

カワセミは71FL+FAF1.7+クローズアップレンズ2+K-3で
ジョウビタキは71FL+FAF1.7+クローズアップレンズ3+K-3
で撮影しています。

--------------------------------------------------------------------




17010601.jpg
17010602.jpg
17010603.jpg
17010604.jpg




posted by   at 10:07| AFボーグ71FL

2017年01月02日

2016年12月26日

鹿児島県Hさん ジョウビタキ作品




鹿児島県Hさんから頂いたジョウビタキの作品です。

良く写っています。



私も最近は71FLでも三脚撮影の時は90FLから頭だけ入れ替えて80φ+LMF-1で撮ってます。
私はボーグテレコンも使いますのでMMF-1は接続に難があり、LMF-1になってしまいます。



90FLは三脚撮影が当たり前と考えていますのでもちろん80φ+LMF-1です。





先日、三脚が転倒されて高機能DXマイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)を修理に出されたお客さんも、二、三日ヘリコイドMを使われたそうで、
「高機能DXマイクロフォーカスを修理に出している間、ヘリコイドMを使って見ましたが、こんなにも違って居たかと、改めて高機能DXマイクロフォーカスのピント合わせのスムーズさに納得しました。」
とメールを頂きました。


先週、90FLをお買い上げ頂いたお客さんからも、
「マイクロフォーカス接眼部(旧LMF-1)は非常に使いやすいですね!」と早速メールを頂きました。




ISO200 1/250
ISO200 1/320
ISO200 1/200
ISO200 1/250



P.S. ノートリ、等倍です。



--------------------------------------------------------------------
鹿児島県 Hさん


お世話になります。

ジョウビタキ♂の写真を添付します。

ジョウビタキも今までより居る場所はまだまだ少ないですが
少しは見ることが出来るようになりました。

今はほとんど71FLレンズに80鏡筒でLMF-1を使用してクローズアップレンズ3か4
を使用しAFで撮影していますのでピント合わせが早く楽しています。

LMF-1はMMF-1より回転も滑らかで長さもありますので全体的な長さが短かいです。
ただMMF-1より約倍位重いです。

71FL+FAF1.7+クローズアップレンズ4+K-3で撮影しました。


--------------------------------------------------------------------





16122601.jpg
16122602.jpg
16122603.jpg
16122604.jpg




posted by   at 17:06| AFボーグ71FL

2016年12月19日

鹿児島県 Hさん作品 キセキレイ




鹿児島県Hさんから頂いたキセキレイの作品です。



私も今年は多いなと思っていたジョウビタキが急に少なくなったりの経験がありますが、
移動の途中で定着せずにさらに移動してしまうのでしょうね。


カワセミ、ヤマセミも出が良い時、悪い時、ムラがありますが、警戒心なのか、ああではない、こうではない、と色々考えます。
そんな時はどうすれば良いのか?など色々考えます。



そろそろヤマセミもと土曜は様子を見に、日曜は少しカワセミを撮ってからヤマセミらしき糞を見つけた川に観察に。
今朝はまた早朝カワセミ撮りました。
カワセミは幸い出が良いです。

出が悪い時も何処かに居るのですね。




等倍

-------------------------------------------------------------------
鹿児島県 Hさん


お世話になります。

キセキレイの写真を添付します。

いつも行く公園を一回りするのに今まではジョウビタキの♂と♀を
6〜7ヶ所位で見ていましたが8日行ってみると、ジョウビタキの♀
1羽見ただけです。

またルリビタキの来る川沿いも1羽も見ない状態です。

公園へ撮影に行っても野鳥があまり居ません。
今まではあんなにいるシロハラさえ1〜2羽しか見ませんでした。

イカル、シジュウカラ、ヤマガラ、キジバト、ヒヨドリの声と
姿は少しは見ますが、今までよりかなり少ないです。

やはり気候のせいでしょうか?
普通なら今頃は寒くなっているはずですが、この冬霜が降りたのは今日(11日)を含めて
2回だけ記憶があります。

カワセミも11月25日以降来なくなりました。

写真の機材は71FL+FAF1.7+クローズアップ4+K3でAFで撮影しました。

--------------------------------------------------------------------




16121901.jpg
16121902.jpg
16121903.jpg




posted by   at 20:15| AFボーグ71FL

2016年12月13日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL  ハイイロチュウヒ  ノートリ トビモノ 他




アメリカ在住 Sさんから頂いたAFボーグ71FLでの作品です。


ハイイロチュウヒは頂いた画像を70%に縮小させて頂きました。
トリミングはしておりません。ノートリです。


コミミズクは同様に縮小しトリミングさせて頂きました。



ISO400  1/640
ISO1000  1/200


よくこのSSで、この大きさを撮られたものです。


--------------------------------------------------------------------
Sさん

先月今月と雨のない日を見計らってはコミミズクを撮りに出掛けており、日によっては 7羽以上のコミミズクが活発に飛び回ることもあるのですが、なかなか思ったように撮れず四苦八苦しています。そんな中、先日たまたま目の前を横切ったハイイロチュウヒを撮ることができました。まだまだ満足できる解像品質ではありませんが、思ったよりぶれていませんでした。また、比較的まともに撮れたコミミズクの写真も2枚だけシェアさせていただきます。木に留まっている方は、もう少し寄れたのですが先客がいたため遠慮して少し後ろから撮りました。飛んでいる方も背景がまだまだ広いですが、大体これくらいの距離で撮ることがほとんどです。天気次第ですが、2月末までは定期的に撮りに行く予定なので、もっとちゃんと撮れたらまたシェアさせていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------



16121301.jpg
16121302.jpg




posted by   at 18:29| AFボーグ71FL

2016年12月11日

AFボーグ71FL 早朝カワセミ




そろそろヤマセミを撮影したいと昨日は山間部を見に行きました。
山間部はもうほとんど落葉してヤマセミを見つけ易い状態になっています。


今日は撮影に行ければと思っていましたがあまりお天気が良くないようなので、
HPにアップする朝撮りのカワセミ写真の整理に専念しました。



先日からとりあえず良さそうなものをアップして来ましたが、今日は細かい点まで見て選別削除です。



最近71FLで二日撮影しましたが、まだアップしていなかったのでその写真です。




BORG71FL+AF1.7  35mm換算1,020mm




ISO650  SS1/1000 等倍
ISO650  SS1/1000 縮小
ISO650  SS1/1000 縮小




16121101.jpg
16121102.jpg
16121103.jpg




posted by   at 19:39| AFボーグ71FL

2016年12月06日

鹿児島県 Hさん アオサギ、カワセミ、コサギ どどどあっぷ。



鹿児島県 Hさんからアオサギ、カワセミ、コサギのドアップ写真を頂きました。


アオサギ、シラサギ はカワセミより警戒心が強いかと。


71FL+FAF1.7+クローズアップ2+K3


ISO100  SS1/640
ISO400  SS1/250
ISO200  SS1/1600


等倍



16120601.jpg
16120602.jpg
16120603.jpg




posted by   at 18:13| AFボーグ71FL

2016年11月16日

アメリカ在住 Sさん ユキホオジロとオリーブタイランチョウ。



アメリカ在住 Sさんからユキホオジロ(白っぽい方)とオリーブタイランチョウ(黄色い方)の作品を頂きました。


これがホオジロとは思えないですね。
ユキホオジロ、数は多くないようですが北海道には来るようです。


オリーブタイランチョウ、体を見るとキセキレイの似ているように思いましたが、頭部を見ると違います。



ユキホオジロ ISO640 SS1/1000 PENTAX K-3 II

オリーブタイランチョウ ISO200 SS1/2500 PENTAX K-3 II

--------------------------------------------------------------------
Sさん

お世話になっております。
今回は、ユキホオジロとオリーブタイランチョウを送らせていただきます。
いずれもここワシントン州西部では珍しいらしいのですが、運良く撮影することができました。撮影は、いずれも 71FL + 250D 手持ちです。

オリーブタイランチョウを撮った場所はコミミズクで有名なところで、コミミズク目的で 90FL も持ち出したのですが、この日は 71FL でも満足できるコミミズクを撮ることはできませんでした。
ただでさえトビモノを撮るのは難しい上、現在はちょうど狩猟期なのでコミミズクの飛び回るフィールドにはハンターがライフルを持って歩き回っているので、なかなか容易に動き回れないのでより難しいです。これから向こう4ヶ月くらいは、コミミズクや猛禽類などに集中する予定です。
満足できるものが撮れたらまた送らせていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------





16111601.jpg
16111602.jpg




posted by   at 19:03| AFボーグ71FL

2016年11月02日

鹿児島県 Hさん BORG 71FL作品




鹿児島県のHさん、昨日は77の作品をご紹介しましたが、今日はBORG 71FLの作品です。


71FL+FAF1.7+K3撮影。


昨日ご紹介した公園レストハウスでの展示ですが、40点ほどあるようです。


野鳥写真で40点ものこの大きさにプリント出来る作品を撮影されているというのは凄いと思います。




ISO 400   SS 1/500
ISO 400   SS 1/400
ISO 400   SS 1/1600



16110201.jpg
16110202.jpg
16110203.jpg




posted by   at 18:44| AFボーグ71FL

2016年10月28日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL ルビーキクイタダキ、アカオノスリ。




アメリカ在住 Sさんからルビーキクイタダキ、アカオノスリの作品を頂きました。


Sさんには71FLに加え、先日90FLを購入いただきました。


まずは90FLはニコンAFでお使いになる予定ということですが、しばらくお天気が良くなさそうということでまだ少し試しただけということです。


今回いただいた画像はAFボーグ71FL PENTAX K-3 IIの作品です。



アカオノスリは偶然にも10メートルくらいの距離から撮れたということです。

同じような鳥が、こちらと少しづつ違うので興味深いです。






ルビーキクイタダキ ISO800  SS1/500 ノートリ 1/2に縮小

アカオノスリ ISO400  SS1/1250 ノートリ 1/2に縮小



16102801.jpg
16102802.jpg



posted by   at 19:28| AFボーグ71FL

2016年10月06日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL アンナハチドリ、ウタスズメ。




アメリカ在住 Sさんからアンナハチドリ 第二弾の作品を頂きました。


綺麗な色です。

頭の角度でこれほど見え方が違うのですね。




ウタスズメ(Song Sparrow)はホオジロ科の鳥のようです。
歌うようにさえずるのでしょうか。





アンナハチドリ ISO400  SS1/3200 当方でトリミング 等倍

ウタスズメ ISO400  SS1/500 ノートリ 1/2に縮小




--------------------------------------------------------------------
Sさん

今回、顔がルビー色になったアンナハチドリ(オス)が撮れたので送らせていただきます。これまで何らかの状態で色が変化するものと思っていたのですが、(玉虫のように)どうやら微妙な角度で色が変化したように見えるだけのようです。
アングル的にも前回のハチドリほど満足できたものではありませんが、その鮮やかさが伝わればと思います。ウタスズメ(Song Sparrow)の写真も1枚だけ含めました。

-------------------------------------------------------------------



16100601.jpg
16100602.jpg
16100603.jpg
16100604.jpg
16100605.jpg
16100606.jpg



posted by   at 16:40| AFボーグ71FL

2016年10月05日

大分県 Y・Kさん(女性) AFボーグ71FL カワセミ作品




大分県 Y・Kさん(女性) からAFボーグ71FL カワセミ作品を頂きました。


いつもカワセミの解像写真を頂いている、大分県 Yさんのお知り合いです。


Y・Kさんはキャノン7Dにシグマ500mmレンズで撮影しておられましたが、
Yさんの画像を見てボーグを購入決められたそうです。


AFボーグ71FL PENTAX K-3


ISO 800  SS1/320
ISO 800  SS1/400
ISO 800  SS1/100


--------------------------------------------------------------------
Y・Kさん

九州地方では毎日雨模様のお天気でカワセミの写真は暗くて解像しておりませんが勇気を出して送らさせて頂きました。
幼鳥で綺麗ではありませんが割合近くで写せました。

--------------------------------------------------------------------


16100501.jpg
16100502.jpg
16100503.jpg




posted by   at 18:22| AFボーグ71FL

2016年09月21日

AFボーグ71FL イソシギ





9月16日に書きましたように、大分県Yさんのイソシギで日の目を見れなかった私のイソシギです。(笑)

解像悪い画像ですが。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3



ISO400  SS1/1250

ノートリ、80%に縮小。




16092101.jpg
16092102.jpg
16092103.jpg




posted by   at 17:33| AFボーグ71FL

2016年09月20日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL作品




アメリカ在住のSさんからAFボーグ71FLの作品を頂きました。


先日はシロハラミソサザイを頂きましたが、今回はハシナガヌマミソサザイというそうです。



上から

クーパーハイタカ
ISO250  SS1/800


ハシナガヌマミソサザイ
ISO400  SS1/2500


エボシクマゲラ
ISO800  SS1/400




すべてノートリです。

クーパーハイタカは等倍
2、3枚目は当方で縮小。



16092001.jpg
16092002.jpg
16092003.jpg



posted by   at 17:21| AFボーグ71FL

2016年09月12日

「写りの悪い写真」イソヒヨ  AFボーグ 71FL




土曜は孫とサビキ釣りです。
汗かくかな思っていましたが(笑)、暑さも随分和らぎ、殆ど汗もかかずに釣りが出来ました。



写真はピントがまったく合っていないイソヒヨです。(笑)

朝から川を見て回っている時に、堰堤の魚道にカワセミが止まっているのを二度見たので、その後一時間ほど堰堤で待ってみましたがカワセミは来てくれませんでした。

堰堤では魚がどんどん下って行っています。
堰堤の下は凄い数の魚です。
それを狙ってシラザギやアオサギは常に居ます。

イソヒヨが準備していた距離より近いところに止まりましたので、AFのピント範囲からはずれ、それもAF動かして連写4枚目はカラでしたのでこの絵だけです。
どうにか尾の先辺りにピントが来てます。頭部のピントはかなりずれています。

上からの撮影で、イソヒヨがこちら向きですので、ピントの合う部分は少なくなります。
これが向こう向きで背中を撮るとピントの合う部分が多いのですが。

これからはこんな「写りの悪い写真」もアップしていきます。



AFボーグ 71FL+250D
1/2に縮小。



16091201.jpg



posted by   at 18:02| AFボーグ71FL

2016年09月05日

猛暑も幾分和らいでカワセミ撮影開始。



この夏、大阪は猛暑日の日数を記録更新しましたが、私もあまりの暑さで八月初めに撮影に行ってからは、撮影はせずに撮影の場所探しに専念していました。

先日、朝方は幾分暑さも和らいだので、ほぼ一か月ぶりに撮影しましが、日が当たり出すとやはりまだ暑いです。
この土日もまたぶり返して暑かったです。


今週は最低気温も下がってきそうで、朝の撮影は出来そうな気温になりそうです。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3



ISO800 SS1/2500

ノートリ、80%に縮小。



16090501.jpg
16090502.jpg




posted by   at 18:56| AFボーグ71FL

2016年09月02日

アメリカ在住 Sさん AFボーグ71FL アンナハチドリ




アメリカ在住のSさんから今度はPENTAX K-3U AFボーグ71FL+Canon 250Dでアンナハチドリのホバリング他の作品を頂きました。



トリミングしておりません。ノートリです。

当方で縮小。




鳥の瞼の多くが下から閉じられるのは、上空の敵をいち早く察知するためのようですが、ハチドリは上かららしいです。(写真5枚目)





ISO400  SS1/2000
ISO400  SS1/2000
ISO400  SS1/2000
ISO400  SS1/1000
ISO400  SS1/1000




--------------------------------------------------------------------
Sさん

前回送らせていただいたハチドリの写真は満足できるものではありませんでしたが、今朝、思わぬシャッターチャンスに恵まれ、自分で納得できる解像で撮れたので送らせていただきます。

アンナハチドリという種類で、光の当たり具合や身体の状態で色が変化し(オスは喉から顔にかけルビー色に変わることも)、もっと色鮮やかな姿になることもあるのですが、今回は比較的地味な姿ばかりになってしまいました。
まだ試行錯誤中ですが、次の目標はもっと色鮮やかな姿を収めることです。

今回は、K-3ii + AF 1.7 + D250 手持ちで撮りました。


追記ですが、クビが白い個体は多分幼鳥で、クビのあたりに赤い色が見える個体は多分子どものオスかと思われます。
また、瞼を閉じている写真も含めましたが、自分の知る限りほとんどの鳥類は下瞼を閉じるものと思いますが、ハチドリは上瞼を閉じることを初めて知りました。

-------------------------------------------------------------------



16090201.jpg
16090202.jpg
16090203.jpg
16090204.jpg
16090205.jpg



posted by   at 16:57| AFボーグ71FL

2016年08月29日

大分県Yさん AFボーグ71FL カワセミ




大分県YさんからAFボーグ71FLでのカワセミ作品を頂きました。


Yさん、トマリモノは解像写真が沢山撮れるようになったそうです。



解像写真が多くなってくると同じシーンの写真の選別が難しくなってきます。
ただ、この選別に時間をかけて細かいところ見比べてベストの解像を選び出すことで、さらに解像の見極めができるようになってきます。

何処がどのように写っていないとダメなのか分かるようになってきます。



90FLのミサゴとアオバズクも頂きましたが、明日アップさせて頂きます。


0031 ISO 1250  SS 1/1600
0041 ISO 1250  SS 1/1600
0235 ISO 800  SS 1/1600
0570 ISO 640  SS 1/2000
0571 ISO 640  SS 1/2000 



当方で縮小。

--------------------------------------------------------------------
Yさん

お世話になります。

おかげ様で71FLの撮影が楽になり、止まりものはぶれも減り解像写真を連発で撮影出来ています。
その為、今度は飛びものを上手く撮りたいと思い頑張っているところです。
なかなか上手く撮れませんが、比較的に良い物を送ります。

カワセミ写真は全て71FL・AF1.7・250D短縮・K-3です。

--------------------------------------------------------------------



16082901.jpg
16082902.jpg
16082903.jpg
16082904.jpg
16082905.jpg




posted by   at 08:19| AFボーグ71FL

2016年08月25日

アメリカ在住 Sさん ニコン版AFボーグ71FL初撮り写真




アメリカ在住のSさんからニコン版AFボーグ71FL初撮りの写真を頂きました。


先日Sさんがニコンの AF アダプターも手に入れられたと言いましたが、その初撮りの写真です。

ミサゴとオビハシカイツブリというカイツブリだそうです。
初めて見てもカイツブリだろうということは分かりますね。



ISO100  SS1/320
ISO180  SS1/250


当方で1/2に縮小。



--------------------------------------------------------------------
Sさん

改造済みのニコン用の AF アダプターも昨日入手できたので、ニコン用アダプターを接続し、早速、試し撮りに行ってきました。
液晶で等倍プレビューで確認しながら 200枚ほど撮り、パソコンに取り込んで等倍で見たところいずれもブレやボケで満足できる結果は得られませんでした。プレビューで見たときにはちゃんと撮れたと思ったのですが、比較的マシなものでもこんな感じでした(2点だけですが、いずれもブレているので失敗サンプルです)。

ニコン機での AF にはそれほど期待していなかったのですが、思っていた以上に AF の反応もよかったので、設定やフォーカスをいろいろ調整しながら練習します。
当面の目標は、解像のよいハチドリを撮ることですが、もし撮れたら送らせていただきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------



16082501.jpg
16082502.jpg



posted by   at 17:32| AFボーグ71FL

2016年08月23日

長野県 Hさん AF BORG 71FL作品




長野県 Hさんからいた作品です。



なかなか羽毛が写らないというご相談でした。
まだ、解像出来ますが、光の向きや距離、手持撮影でそれほど悪くないかと思います。

その後成果が出てましたら、またご連絡頂ければ有り難いです。




私も種類稼ぎにホオアカの写真も「野鳥写真集・ホオアカ」のページに何枚かアップしていますが、写りの悪い写真しかありません。
どうもこの鳥は苦手です。(笑)





AF BORG 71FL手持ち
PENTAX K-3II

ノートリ、80%に縮小。


ISO 320、SS 1/1600
ISO 400、SS 1/1600
ISO 800、SS 1/1600



16082301.jpg
16082302.jpg
16082303.jpg



posted by   at 17:39| AFボーグ71FL

2016年08月12日

大分県Yさん AFボーグ71FL カワセミ作品




明日から連休させて頂きます。
実は今朝も南紀に9時ごろまで釣りに行ってきましたが、もう帰りの対向車線では南へ向かう車が渋滞していました。


P.S. 現在ご注文を頂いている方で、昨日までにお支払い確認、発送出来なかったご注文につきましては、申し訳ございませんが17日以降に対応させていただきます。





大分県のYさんから頂いたカワセミの作品です。

71FLでは歩留まり良くなってきたそうです。

90FLではブレとの戦いと仰っています。
以前にも71FLのあとに90FLを購入頂いた時に「500mmのブレは凄まじいですね」と仰っていました。

400mmと500mmでは大きく違います。
しかし、単純に焦点距離の違うレンズの歩留まりなどを比較される方がおられます。


この辺りのことをHPにアップするため整理していますが、私の感じていることはこのブレの違いを認識されて対処しておられる方が、大きく写っただけの甘い写真ではなく、解像した絵の見極めも出来ていると思います。





トマリモノ ノートリ、80%に縮小。

トビモノ トリミング、40%に縮小。




--------------------------------------------------------------------
Yさん

この度はいろいろと親切に対応して頂き本当に有難うございます。
改めてバーダーショップフジノ様からボーグを購入して本当に
良かったと思っています。
ここまでサポートして頂けるとは思っていませんでした。

感謝、感謝です。

私がカワセミを撮り始めようと思った時、すでに71FLを使用しているN様から
ボーグが良いと教えてもらいました。

その方は現在ニコンの500mmズームとボーグの2台体制で撮られていますが
飛びものはニコンが楽に撮れるが、解像力ではボーグが完全に勝っている様です。
その為、今度89EDを購入しようかなと言っています。

バーダーショップフジノ様の事を私が良く話すので購入する時は
是非利用したいと言っています。
その時には宜しくお願いします。

私の71FLは藤野様のアドバイスで鏡筒バンドを2個セットにしてからブレが相当に減少しました。
三脚も90FLで使用していたのを利用していますが、71FLでも利用できるように
雲台プレートを追加購入して取り付けました。

こうすれば両方のボーグセットがすぐにセット出来て、とても便利になりました

90FLで使用した時はブレとの戦いですが、71FLだとブレが非常に少なくなり
楽に解像した写真が撮れるようになったと思います。

そこで今回撮れた71FLでの画像を送ります。
(止まりものは以前の写真より解像しているような気がするのですが?)
飛びものは被写体ブレやピントのずればかりです。本当に難しいですね。

71FL AF1.7 Canon250D短縮 K-3です。


ISO320 SS1/640
ISO320 SS1/640
ISO200 SS1/800
ISO1250 SS1/1000 トリミング
ISO800 SS1/1000 トリミング


今後ともよろしくお願いいたします

--------------------------------------------------------------------




16081201.jpg
16081202.jpg
16081203.jpg
16081204.jpg
16081205.jpg



posted by   at 17:22| AFボーグ71FL

2016年08月10日

AFボーグ 71FL Canon 250D カワセミ




AFボーグ 71FL Canon 250D カワセミ です。



イマイチの画像ですが、
AFボーグ 71FLのカワセミ画像は大分県Yさんから良いのを頂いていますのでご安心下さい。(笑)



ISO 800
SS 1/2000



16081001.jpg
16081002.jpg
16081003.jpg
16081004.jpg



posted by   at 18:16| AFボーグ71FL

2016年08月06日

AFボーグ71FLカワセミ。




二泊して海釣りに行ってきました。
初日はキスの投げ釣り。


小さな入り江の砂浜で釣っていると、遠くで聞き覚えのある鳴き声。
しばらくすると少し近づいたようで、カワセミの声と確信。

そのあと海の上を一直線に岩場の方へ飛んで行きました。


らしき声は聞いたことはあったが、海でしっかり姿を見たのは初めてです。







AFボーグ71FL Canon 250D カワセミ。

ISO800
SS1/2000


ピント甘いです。




16080601.jpg


posted by   at 07:27| AFボーグ71FL

2016年08月01日

AFボーグ71FL カワセミ飛び出し




カワセミの飛び出しです。


カワセミに反応をしてしまい、レンズを下へ強く降りすぎて切れてしまいました。



AFボーグ71FL Canon 250D PENTAX K-3 カワセミ

ISO800
SS1/2500

トリミング縮小
2000×1332 ピクセル


16080101.jpg



posted by   at 06:55| AFボーグ71FL

2016年06月13日

アメリカのアオサギ




71FLユーザーオリジナルをお買い上げ頂いたお客さんが価格コムのペンタックスの150-450mmでコメント頂いたようでアクセスぐんとアップしています。
有難うございました。


また同じく、71FLCセットをお買い上げ頂いたアメリカ在住のSさんからアオサギの試し撮りを頂きました。



経理部長に「アメリカのお客さんからもう届いたとアメリカのアオサギの写真送ってくれたわ」と冗談交じりで言うと、

「えっ!目ぇ青いん?」

往生しまっせぇ。(笑)




--------------------------------------------------------------------
Sさん

本日無事に商品を受け取りました。しっかりした梱包で内容物に問題がないことを確認しました。どうもありがとうございました。
通常、国際郵便の配達には1週間ほどかかることを想定しているのですが、今回は輸送が土日にかからなかったようで思っていたよりもかなり早く受け取ることができました。

早速、商品を開封し、メールでいただいた説明書に従って接続しました。AFアダプターの3番目のピンをショートさせるところで若干時間がかかりましたが、AF もちゃんと動作することを確認しました。
ショートさせる部分には、サービスでいただいた銅のドット2個を凹んだところに重ね合わせ、その上から長方形に切った銅テープを貼り、セロハンテープで留めましたが、ときどき F値の表示が - - になったりするのは接触が悪いからでしょうか。
今日は、K3ii のシャッターを切ること自体も初めてでしたが、近くの公園で 40枚ほど試し撮りをしてきました。
****.jpg (等倍トリミング・調整なし)はそのうちの 1枚ですが、ほとんど設定をいじらない状態でこの解像に大満足です。これからいろいろと設定を調整しながら練習してみます。

今後いろいろと質問させていただくことになるかも知れませんが、これからもよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
--------------------------------------------------------------------

ISO 400
SS 1/800
当方で縮小。



16061301.jpg



posted by   at 19:20| AFボーグ71FL

2016年05月17日

ヤマセミトビモノ




12日の写真の残り物です。

まだあります。(笑)



AFボーグ71FL 250D  PENTAX K-3


1/2に縮小、トリミング。

ISO 800
SS 1/2500



16051701.jpg
16051702.jpg
16051703.jpg
16051704.jpg



posted by   at 11:54| AFボーグ71FL

2016年05月12日

ヤマセミトビモノ、ちょっとレベルアップ




ヤマセミのトビモノがちょっとレベルアップできました。


まだまです。




AFボーグ71FL 250D  PENTAX K-3



80%に縮小、トリミング。

ISO 800
SS 1/2000





16051201.jpg



posted by   at 16:27| AFボーグ71FL

2016年05月06日

北海道Hさん作品



連休もとりあえず一段落です。
今日はしんどい一日を過ごされた方も多いでしょう。(笑)


連休は皆さん撮影はされましたでしょうか。

北海道Hさんから頂いた作品です。



カワセミとクマゲラと三枚目はご本人に確認が取れておらず分かりません。
BORG71FL  PENTAX K-5IIs  EXIFから直焦点やAFボーグでの撮影と思います。


ISO 800 SS 1/2000
ISO 1600 SS 1/1600
ISO 800 SS 1/1000



16050601.JPG
16050602.JPG
16050603.JPG




posted by   at 20:07| AFボーグ71FL

2016年04月27日

大阪府Nさん作品 コチドリ。



大阪府Nさんから頂いたコチドリです。
ご紹介が遅くなりました。

Borg71FL+F_AFadapter1.7X+Canon250D+Pentax K-3
ISO 200  SS 1/1000




当店の連休ですが、営業カレンダーで29日から4日までとさせて頂いていましたが、29日〜2日までに変更させて頂きました。

ただ、来週後半も追加で休ませていただくかもしれません。
勝手致します。




16042701.jpg



posted by   at 17:26| AFボーグ71FL

2016年04月26日

長野県 Yさん 作品




77EDUのページに「お客さんの作品ページ」の作品をアップしました。






長野県Yさんから頂いたイスカの作品です。

面白い嘴です。

生まれたばかりの雛は普通の嘴で、1、2週間で交差してくるとありますね。
上下どちら(左右)に交差してくるかは分からないとなっています。



71FLΦ80鏡筒 ペンタックスK-3U 手持ち撮影

ISO 640 SS 1/1250

ノートリ縮小。




16042601.jpg



posted by   at 18:19| AFボーグ71FL

2016年04月20日

ヤマセミ ノートリトビモノ




明るいところを飛んでくれません。
一枚目はまだ日が当たっていましたが、段々と陰がこちらに寄ってきます。

甘い画像で小さく縮小です。


ノートリですが71FL短縮で1.7×だとヤマセミがまだ小さいです。




ここはカワセミが居らず不思議に思っていましたが、前回から前を飛んでくれるようになりました。
暖かくなって上流へ移動してきたのでしょうか。




PENTAX K-3



16042001.jpg
16042002.jpg
16042003.jpg
16042004.jpg
16042005.jpg




posted by   at 17:00| AFボーグ71FL

2016年04月14日

大分県Yさん作品 カワセミ トビモノ AFボーグ90FL、AFボーグ71FL。



大分県Yさんから頂いたカワセミのトビモノ作品です。


初めてAFボーグ90FLでカワセミのトビモノを撮られたということです。

以前、Yさんから頂いたAFボーグ71FLでのカワセミのトビモノを、丁度90FLを購入いただいた後でしたので、勘違いして90FLの作品としているものがあります。
訂正します。



Yさん
「解像はしていませんが、初めて90FLで飛びものが撮れました。
とてもブログに載せられる程の物ではありませんが、嬉しくて送らせて頂きました。
ついでに71FLの画像も送ります。」




上 71FL・AF K-5US クローズアップレンズNO.3

下 90FL・AF  K-3 クローズアップレンズNO.3




16041401.jpg
16041402.jpg




posted by   at 18:38| AFボーグ71FL

2016年04月06日

鹿児島県 Hさん作品 ヤマセミ他



71FL良く出ています。

在庫はまだありますが明日からメーカー臨時休業なので71FL補充分早めの発注しました。
明日また入荷します。

メーカーは今日で71FLセット品は品切れとなりました。




鹿児島県 Hさんからいただいた作品です。

最近Hさんもブラインドを使い始められました。

今回はネットを被っての撮影だそうです。
ネットでもこの距離にヤマセミが来たようです。

私も自作のブラインドは正面だけ幕を張るような使い方もできるようにしていますが、それだけでも随分違います。


カワセミでも、人間が丸見えで居ると気になるのですが、ある程度隠れてやれば向こうも分かっていながらさほど警戒しないのかと思っています。
ただ、入って欲しくないテリトリーもあるのだと思います。


ノートリ縮小で二枚目のみ一枚目の等倍トリミングです。

上から
ISO 200 SS 1/200
ISO 400 SS 1/500
ISO 400 SS 1/1250
ISO 400 SS 1/400


--------------------------------------------------------------------
鹿児島県 Hさん

お世話になります。

3月18日ブログの中で藤野様が仰る通りテントを使用しています。

今はテントの中はかなり暑くなりますのでこのほど遮光ネットと迷彩ネットで
作った物を被って撮影しています。

今回投稿しましたコサギ、ヒヨドリ、ヤマセミ、カワウも自作の物を被って撮影しました。

ブラインドよりかなり安くで済み、また簡単に作れ少々強い風にもテントより良く、
立ち撮影や携帯用椅子に腰かけての撮影でも使っています。
また三脚さえ立てばどこでも使用できます。
冬場は遮光ネットのため風通しが良い関係上寒いでしょうね。

写真の機材は71FL+FAF1.7+K3です。

カワセミ狙いが目的で行っていますが来てくれたのは、コサギと枝被りのヒヨドリと
ヤマセミそして水の中からひょっこり出てきたカワウでした。

基本的に野鳥撮影をするには鳥の警戒心を与える人の体を隠すのが一番ですね。
--------------------------------------------------------------------




16040601.jpg
16040602.JPG
16040603.jpg
16040604.jpg
16040605.jpg



posted by   at 17:57| AFボーグ71FL

2016年03月22日

大分県Yさん AFボーグ71FL カワセミ ノートリトビモノ



ヤマセミの新しいポイントで初めて川に降りて様子を見てみました。

杉の奥から急降下しながら飛んできたヤマセミの方の斜面を見ると巣穴らしきが見えています。

どうも巣の真正面に陣取ってしまったようで「ケケケケ、ケケケケ」と二羽に挟まれたり、頭の上でけたたましく鳴いたりしています。

その間二度、チェーンソーを持った人が来て、杉の下で作業を始めましたが、ヤマセミは鳴かずにスッと飛んで行ってしまいます。
作業の人が居なくなるとしばらくして戻って来てまた「ケケケケ、ケケケケ」。

とりあえず観察のつもりだったので作業の人が二度目に来て居なくなっているうちに片付けました。



多分怒ってたんですわ。

早よ謝りに行かなあかん。(笑)







大分県Yさんからカワセミのトビモノ作品を頂きました。


あまり明るい条件ではなかったと思われるのが残念ですが、
近距離のトビモノを良く捉えられました。
近距離はシャッタスピードもかなり必要になりますので難しいです。



AFボーグ71FL ノートリ縮小。

ISO 1600  SS 1/1600

--------------------------------------------------------------------
大分県Yさん

お世話になります。
的確なアドバイス有難うございます。
はやく藤野様や他の方たちのように、解像した写真を撮れるように
頑張ってみます。

近頃は90FLでの撮影ばかりが多くなりました。
止まりものは90FL
飛びものは71FLという組み合わせで撮影することが多くなりましたが
90FLのファインダーを覗いたときの方が好きで
もっぱら90FLばかりでの撮影になっています。

もっと良いのが撮れましたら、たびたびでご迷惑をお掛けしますが
又送らせて頂きます。
有難うございました。

--------------------------------------------------------------------



16032201.jpg


posted by   at 18:19| AFボーグ71FL

2016年02月26日

鹿児島県 Hさん 作品




鹿児島県Hさんから頂いたルリビタキ オス、ジョウビタキ メスです。

小羽枝感出ています。



ネットに貼ってある鳥の写真で「うわっ!」とビックリするほどギンギラにシャープネスをかけた画像がよくあります。

写り悪い写真に無理にシャープかけても誰が見ても汚いだけなんですけどね。(笑)



2015年作品の皆さんはあまりレタッチをされていないと思います。

Hさんもあまりシャープネスを強くかけていません。
2015年優秀作の愛知県のNさんのシジュウカラももう少しシャープネスを強くしても良いのではと思うくらいです。


まあ、写っているからこそシャープネスもあまりかける必要もないのでしょうけど。



--------------------------------------------------------------------
Hさん

お世話になります。

ルリビタキ♂とジョウビタキ♀の写真を添付します。

71FL+FAF1.7+K3でヘリコイドLVを2個、ヘリコイドLUを1個
取り付けて撮影しています。

--------------------------------------------------------------------



16022601.jpg
16022602.jpg



posted by   at 18:15| AFボーグ71FL

2016年02月22日

愛知県 Nさん 作品 モズ


2015年優秀作の愛知県Nさんからメールを頂きました。
Nさんももう機材とこの機材での撮影、写り具合の見極めに慣れてこられたと思いますので、これから撮影がさらに楽しくなると思います。



--------------------------------------------------------------------
Nさん

・・・・
優秀作の件、ありがとうございます。
目標としていたことなのでとても嬉しく思います。

野鳥撮影を始めた頃、シグマの望遠で撮影して自己満足していたんですが、藤野さんのブログに掲載されている写真は見て「なんだこの写真は!」とただただ驚き、それまでの機材を売却してBORG71FLで揃えました。

当時、優秀作なんて高根の花で、まずはブログに掲載されることを目標にしたのを覚えています。
BORG購入後、しばらく慣れない事もあってピンボケの連発で基本的な止まりモノの野鳥も、まともに解像していない写真ばかりでした。
そんな時、藤野さんから「解像した写真が撮れるまで、良く見かけるジョウビタキなどを何度も撮り続けた方が良い」とアドバイスを受けました。
派手な飛び物や珍しい野鳥も魅力的でしたが、まず基本の撮影技術を身につけ解像した写真が撮れるまでアドバイスを信じて続けて行こうと決めました。
基本的な撮影法を身につけず、解像した写真が撮れないまま適当なところで派手な飛び物や珍しい野鳥を追いかけることをしていたらきっとBORGの性能を引き出せないまま嫌になって、カメラメーカーのAF望遠レンズに逃げて今頃は中途半端な写真を撮影していたと思います。

まず止まりモノで藤野さんに認めて頂ける写真が撮れましたので今後の目標としては飛び物や珍しい野鳥でもしっかり解像した写真で認めて頂けるように技術を磨いていこうと思います。

今後ともご指導して頂きますようよろしくお願い致します。
優秀作の賞品、有効に使わせていただきます。本当にありがとうございました。
 --------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------
今日はAFボーグ71FLで一脚使用の半手持ちで撮影してきました。
梅とコラボで撮りたかったのですが、やはり手振れで若干ピントが甘くなってしまいましたが2枚ほど添付いたします。
--------------------------------------------------------------------




16022201.jpg
16022202.jpg



posted by   at 20:26| AFボーグ71FL

2016年02月05日

AFボーグ71FL ノートリ ミサゴ


お知らせ。

旧LMF-1に関しまして、以前 ボーグ時代の旧LMF-1で一時期、短期間の間に何件か不具合が連続して発生したことがあります。

先日また、同様の不具合があり、これは生産終了の最終に扱った旧LMF-1左手仕様のもので、11月に不具合でメーカーで交換対応したものが再度不良となりました。

去年年初に発表されたボーグ製品の整理の一環で旧LMF-1は7月ごろ完売し、その後、もう無いと言っていた限定生産の左手仕様が少し残っているということで、大丈夫かとは思いましたが仕入れたものです。


残り物には福があると言いますが、ボーグの残り物には無いようです。



旧LMF-1や高機能DXマイクロフォーカス接眼部は、使用してガタやタワミは感じません。
もしそのように感じた場合はご連絡頂いた方が良いと思います。



2015年8月から取り扱い開始した笠井トレーディング高機能DXマイクロフォーカス接眼部はもう半年になりますが、2016年1月末時点で不具合は一件だけです。
お届け前に動きとプレートのスレ具合等を見て確認しておりますが、どれも安心してお届けできる品ばかりです。





今日の画像はAFボーグ71FLでノートリ(4枚目まで)のミサゴです。

ダイブは遠くでしかしてくれません。
4枚目は獲物を捕って前を通過した写真です。
5枚目は4枚目の等倍トリミングです。鯛ではないように見えます。ウミタナゴかな?



16020501.jpg
16020502.jpg
16020503.jpg
16020504.jpg
16020505.jpg



posted by   at 19:49| AFボーグ71FL

2016年01月29日

カワセミの撮り易いシーズンです。



HPのアクセスが増えてきています。
昨日も一段と多かったです。
カワセミの撮り易いシーズンです。


今日は昨日ご注文頂いた71FL2台発送です。
有難うございます。
お二人ともペンタックスマウントです。


一番日差しの暗い時期も過ぎ、これから段々日の出も早くなり、日差しも明るくなってきます。
今年は去年のようにお天気も悪くないようで楽しみです。





2015年年初に、ホワイト仕様のボーグ本体他パーツの整理で生産中止が相次ぐとの発表があってから既に一年が経過しました。
67FLはまだホワイトセットも残っているようですが、「セット一覧」「攻略! デジボーグ」のページ等の製品写真をようやくブラックに入れ替えました。(笑)
パーツのページはまだ今後も在庫が捌けた時点で生産終了の発表がされるものがあると思いますのでまだ整理が出来ておらず申し訳ございません。




16012901.jpg



posted by   at 19:16| AFボーグ71FL