バーダーショップ フジノです。
常時ボーグ本体在庫大量確保
当店では毎週の多目の見込み発注による商品確保で週単位で順次入荷しております。
そのためメーカー納期状況にかかわりなく即納が可能となっております。


当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像と評価、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。


2012年08月31日

京都府 T さん AFボーグ71FL K-01 カワセミ

京都府 T さんから AFボーグ71FL K-01 でのカワセミの写真をいただきました。


T さんはもう三年野鳥撮影をされているそうですが、この度71FL K-01 でAFボーグを始められました。
今回の写真はK-01 のピーキングを利用してマニュアルフォーカスで撮られています。

今まで三年野鳥撮影をされているなかマニュアルフォーカスは初めてだそうです。

ISO 400 で SS 1/60 と曇天で少し暗い状況だったそうですが、
晴れていれば尾羽の羽毛もさらに良く写っていたと思います。


--------------------------------------------------------------------
T さん

三脚はジッツォー2型、雲台はマンフロットの
701HDVでK−01の液晶画面を見ながらヘリカルコイルを回し12メート
ルほど先のカワセミを2秒タイマーで写してみましたので送ります。RAWのニュー
トラルで撮影しLR4.1でシャープネスやコントラストをいじっています。
--------------------------------------------------------------------


当方でトリミングしました。
等倍です。

12083101.jpg
posted by   at 15:29| AFボーグ71FL

2012年08月29日

長崎県 K さん ミサコ゜

長崎県 K さん からミサゴの写真を送っていただきました。

デジボーグ77EDU ペンタックス K-r
--------------------------------------------------------------------
K さん 

早く飛びものの試し撮りをしたくてウズウズしています。
ピン甘ですが練習相手のミサゴを添付いたします。
トリミングしています。
--------------------------------------------------------------------


私の方はコサメでしょうか。
去年9月にエゾビタキたちを写した所に行ってみました。

AFボーグ45EDU ペンタックス K-5 トリミング


12082901.JPG
12082902.JPG
12082903.jpg
posted by   at 17:42| デジボーグ45EDU

2012年08月28日

PENTAX K-5 エクストラシャープネス VS Lightroom 4

シャープネスの設定の仕方が違うので比較が難しいですが、カワセミの背中のブルーの羽毛の束になった部分を見ると違いが出ているようです。

1、3、Lightroom 4

2、4、PENTAX K-5 エクストラシャープネス 

今日のエクストラシャープネスは2にしています。

どちらも良い勝負ですが、エクストラシャープネスのないK-rならハッキリ差が出ると思います。


等倍トリミング


12082801Lightroom.jpg12082801k-5.JPG
12082802Lightroom.jpg
12082802k-5.JPG
posted by   at 14:10| 現像比較

2012年08月27日

大阪府 Hさん AFボーグ71FL作品 チゴハヤブサ

大阪府 Hさん から作品を頂きました。

東京へのお墓参りの帰りに長野県須坂市に周られたそうです。
皆さん鳥の為なら遠征もへっちゃらでパーワーを感じます。


--------------------------------------------------------------------
Hさん 

長野県須坂市の**でチゴハヤブサを撮影をしてきました。

今年は3羽のヒナで親は子育てに朝早くからエサを運びに懸命のようでした。

71FL ペンタk5 いずれもトリミングをしています。
--------------------------------------------------------------------


12082701.jpg12082702.jpg
12082703.jpg

posted by   at 19:53| AFボーグ71FL

2012年08月26日

現像比較

以前現像比較でアップしたシジュウカラの写真をLightroom 4でも現像してみました。

K-5のカメラ内のエクストラシャープネス設定が最も細かい部分も出ると思っていましたが、Lightroom 4の方が出ているように思います。

画像の明るさやカラーが違うので比較し難い面もありこれだけでは判断出来ませんが良い勝負であることは間違いないと思います。


上から

Lightroom 4

キャプチャーワンエクスプレス6

PENTAX Digital Camera Utility 4

カメラ内.エクストラシャープネス 0

カメラ内.シャープネス 0


等倍トリミング。


12082601Lightroom 4.jpg
12082602キャプチャーワンエクスプレス6 11051101.jpg
12082603PENTAX Digital Camera Utility 4 11051201.jpg
12082604エクストラシャープネス 0 ES-0.jpg
12082605.シャープネス 0 S-0.jpg
posted by   at 14:50| 現像比較

2012年08月22日

Lightroom 4

暑いのでAdobe Photoshop Lightroom 4で現像し直して比較しています。

二枚目は撮影時Capture One 6で現像したものです。
125SDで等倍これくらいのアップの距離になるとかなり鏡筒を伸ばしますので暗くなります。
早朝の日差しで露出やホワイトバランスも安定しません。

また、カワセミの白い羽毛を写したいのでアンダーにしているので
実際の見た感じは日出後の光で黄色くは見えるのですが、
写った絵は色も出ませんし違います。
補正してもどうにもならない状態で殆どそのままです。


一枚目がLightroomで現像したものです。
補正した色が適切かどうかは別にしてLightroomではある程度どうにかなりそうな気がします。


等倍トリミングです。


12082201.jpg
12082202.jpg
posted by   at 16:12| 現像比較

2012年08月21日

AFボーグ71FL 換算1020mm クロツグミ

今日の71FLのお客さんは色々カメラをお持ちですべて使ってみたいといことでなんと6機種のマウントを買っていただきました。
今までの最高です。
びっくりしました。

三種類ぐらい持っておられる方は居られます。
K-5の価格が手頃になったからかペンタックスマウントを追加されてボーグを購入という方も多いですが、
マウント6個は驚きました。


もし一本づつ望遠レンズを買ったら凄いことになりますね。


12082101.jpg
12082102.jpg
12082103.jpg
posted by   at 17:31| AFボーグ71FL

2012年08月19日

東京都 Hさん AFボーグ71FLフィールドデビュー作

東京都 HさんのAFボーグ71FLフィールドデビュー作です。

この時期のフィールドデビューでこの鳥は良く写されていると思います。
シジュウカラ ISO800 SS1/250 、コゲラ ISO800 SS1/320 。
カワセミも会えているそうです。
手持ち撮影。

私も今日は久々のエナガに難儀しました。
このくそ暑いのによう動きます。

エナガ ISO800 SS1/100、1/160 、 ノートリ AFボーグ71FL 換算1020mm PENTAX K-5 三脚使用。


12081901.jpg
12081902.jpg
12081903.jpg
12081904.jpg
12081905.jpg
posted by   at 18:56| AFボーグ71FL

2012年08月18日

京都府Iさん 自作照準器

8月になって若干アクセス数が下がっていましたが、この三日ほどアクセスが多いです。

カワセミ、野鳥、Borg、AFボーグ 、クローズアップレンズ、野鳥撮影機材、71FL、45EDU、など各機種
キーワードの検索も急に多くなっています。

夏も峠を越したと言うことでしょうか。





ミネソタで避暑中の京都府Iさんから自作の照準器の写真を送っていただきました。

--------------------------------------------------------------------
Iさん

快晴、気温21度、湿度50%快適です。

照準器について
出来るだけ軽くしたいので、添付写真のような照準器を使っています。直径4mmのパイプで作りました。
左目でパイプの先を、右目でファインダーを見ています。これでも結構役立っています。

--------------------------------------------------------------------



両目の場合左目の位置もほぼ固定されますのでリアサイトが無くても使えそうで
すね。


12081801.JPG
12081802.jpeg

posted by   at 15:14| 撮影機材

2012年08月17日

Adobe Photoshop Lightroom 4

Adobe Photoshop Lightroom 4 を購入しました。
乗換え/特別提供版だと安く購入できます。
安くなりましたね。


今までの写真を現像して比較しようと思いますが、K-5のエクストラシャープネスより細かい部分が出ているようです。
後日アップしたいと思います。


今日アップしたものは色合いをいろいろ弄ってみました。
カラーの調整は他のソフトでもあまり弄ったことは無いのですが使い易いと思いました。


12081701.jpg
12081702.jpg
12081703.jpg

posted by   at 15:44| 現像比較

2012年08月12日

京都 I さん 作品 ミサゴ

低い山に造られた造成地にビオトープが出来たようで中に入れるようになりました。
企業誘致にでも使うつもりだったのか広大な草原の様になっていてセッカがたくさん飛び回っていました。

昨日、朝から曇りの予報だったので行ってみると晴れて来ていて汗が吹き出てきます。
「こらあかん」とすぐに帰ろうとした時ミサゴが二羽低く飛んできました。
三脚に乗せていた71FLα57を慌てて外してファインダーを覗くと真っ暗。
ONになってからとりあえず露出補正せず撮りましたがアンダー過ぎ。
補正して撮った頃にはもう小さくしか写りませんでした。

とりあえずファインダーを見ることができる光学と比べてこの辺りは辛いですね。






夏の暑い間ミネソタで暮されているIさんからミサゴの作品をいただきました。

7月18日にアップした写真を頂いた時には今年のアメリカは記録的な暑さということでしたがもうこんな気温に。

--------------------------------------------------------------------
I さん 

ご無沙汰しています。
最近は、朝晩は15度前後、日中でも25度前後で大変過ごしやすくなりました。
明日の朝は10度以下に下がりそうなので、ダウンのジャケットを探しています。

今年は初夏に大きな雹が降ったために、鳥もかなりダメージを受けたようで、特に小
鳥が少ないです。オークの大木も葉刈りをしたように葉っぱが少なく涼しそうです。


50FLと77EDの写真を添付します。どちらもノートリミングで50%に縮小で
す。

--------------------------------------------------------------------


上 AF BORG 50FL   ISO 640 SS 1/2500

下 AF BORG 77EDU  ISO 500 SS 1/1250


12081201.jpg
12081202.jpg

posted by   at 15:25| AFボーグ50FL

2012年08月11日

AFボーグ71FL 換算1020mm ヒガラ

ヒガラです。
近郊の低い山で。
標高600メートルぐらいの地点。
朝方は多少涼しく感じます。


AFボーグ71FL 換算1020mm ペンタックス K-5
ISO 800 SS 1/250
ノートリ縮小

12081101.jpg
posted by   at 14:44| AFボーグ71FL

2012年08月10日

AFボーグ71FL 換算1020mm クロツグミ

今年はクロツグミを良く見かけますので狙ってみました。
今まで他の鳥を狙っていた時に小さく撮ったことはありましたが、本命で撮るのは初めてです。

3時間ほどの間に何度か同じところを行ったり来たりしてくれました。
ツグミと同じように時々固まったように止まっているのですが草で頭しか見えません。
全身が見える時はどんどん動いて行きます。
うまいこと行きませんわ。


AFボーグ71FL 換算1020mm ペンタックス K-5
トリミング 縮小

12081001.jpg
12081002.jpg
12081003.jpg
12081004.jpg
12081005.jpg
12081006.jpg
posted by   at 15:29| AFボーグ71FL

2012年08月08日

M57ヘリコイドLII

丁度お客様にM57ヘリコイドLII のメスネジリングのご説明するための写真を撮りましたので、回転リングのネジについても写真を撮りました。


M57ヘリコイドLII の回転リングにある小さなネジが緩むとガタついて来ます。(写真一枚目)

私はM57ヘリコイドLII を2個使用していますが、古い方のこのネジが緩み癖がついたのか時々緩んでガタついてきます。

精密ドライバーで締めれば良いのですがヘリコイドを伸ばして締めると回転が硬く動かなくなります。
そういう仕様だそうです。

ヘリコイドを縮めた状態で締めれば良いのですがメスネジリングが邪魔になりネジを潰してしまいそうで、二枚目の写真のようにメスネジリングを外して締めた方が良いそうです。


で、肝心の古い方のヘリコイドのメスネジリングを外そうとすると少し回転したところで止まってしまいます。
力任せに回す勇気はありませんので、
結局ロックタイトを少しつけてメスネジリングをつけたまま締め付けました。



12080801.jpg
12080802.jpg
posted by   at 15:45| 製品機材紹介

2012年08月07日

AFボーグ71FL 換算1020mm ソウシチョウ

先日久々にソウシチョウに挑戦してきました。

霧雨が降って来ましたのですぐに退散しましたが
相変わらず撮らせてくれません。
出てきてくれません。


暗かったので「キー」を+3にして撮りました。


71FLで照準器を少し斜めの位置に付けると右目でファインダー、左目で照準器が見えます。
手持ち撮影の時に照準器からファインダーに覗き直すと鳥を見失ってしまいます。
動き回る小鳥には右目でファインダー、左目で照準器が対応が速いです。

今まで使っていたアルミ板を自作してボディに付けていた物よりズレ難いので良いです。



AFボーグ71FL 換算1020mm 

12080701.jpg
12080702.jpg
posted by   at 13:46| AFボーグ71FL

2012年08月05日

長崎県 Kさん チョウゲンボウ どあっぷ

長崎県 Kさん チョウゲンボウ どあっぷ

これだけ大きく表示できるチョウゲンボウの写真は少ないのでは。

夏は鳥が少ないですねと
ツバメのトビモノに挑戦されるということで問い合わせいただきました。
鳥の少ない時期には良い被写体です。


--------------------------------------------------------------------
Kさん 

画像はチョウゲンボウです。今年の初めに撮ったものですが、手持ちでドロチューブのみでピントを合わせています。チョウゲンボウの瞳に映った夕方の空が自分のお気に入りポイントです。

--------------------------------------------------------------------


デジボーグ77EDU

12080501.jpg
posted by   at 18:40| デジボーグ77EDU

2012年08月04日

「武蔵野散歩」さん 作品 AFボーグ71FL

毎月アルバムでご連絡いただいている

「武蔵野散歩」

の7月分の作品を拝見しました。

「このところ鳥影が少なく、苦戦しています。」ということです。

アルバムを拝見するようになってから一年になります。
このようなことを申し上げては大変失礼なのですが、随分上達されたと思います。
ご自身も一年前の写真との違いを実感されているはずです。

特に一月に71FLを導入いただいてからさらに磨きがかかったと思います。
やはり71FLの扱いやすさも関係しているのだと思います。



昨日のブログもそうですが、野鳥撮影ではどれだけにたくさんシャッターを切ることが出来るかが大きく影響します。

鳥が長い時間止まってくれることはもちろん有りますが、そのようなチャンスを待っていてはなかなか撮れません。
鳥が少しでも前に止まってくれた時に如何にものにできるかにあります。

撮影のやり方、機材、特にカメラ以外にも雲台は非常に重要です。影響します。

それらの最善を尽くして撮影できた時にボーグはちゃんと解像してくれます。


12080401.jpg
12080402.jpg
12080403.jpg
12080404.jpg

posted by   at 18:58| AFボーグ71FL

2012年08月03日

デジボーグ71FL+7214 SONY α57

茂った葉で暗い場合が多いので
キビタキやオオルリを狙って日当たりの良い木で待ちました。

二時間待って4回留まってくれたうち2回は機材から離れていました。
辛抱が足りません。

一回は本命の枝に留まったものの丁度幹の陰になってしまっていました。

撮れたのは一回。
丁度反対側に出た枝にピントを合わせて待っていると写真の枝に留まりました。
照準器で捉えてファインダーを覗くとピーキングの強調表示が出ているのでそのまますぐに5、6枚連写。
ピントを合わせ直そうとした時にはもう飛び立っていました。

ピーキングが無かったらまずはピント合わせにかかっているので撮れていなかったと思います。

それにやはり照準器は必須ですね。

ツバメを狙うのに照準器の誤差を少なくするように鏡筒の前側につけるようになってからこのままバッグに入れています。
今までは肩に下げて歩いたりするとずれてしまうので現場で付けるため横着してつけないことも良く有りましたがこれだと常につけていられます。


デジボーグ71FL+7214 SONY α57
ISO 200 SS 1/640
ノートリ


12080301.jpg
12080302.jpg
posted by   at 18:28| デジボーグ71FL

2012年08月01日

ブログのご紹介 と AF BORG 45EDU キビタキ

リンクのご紹介です。

「明日晴れたら・・・」さん。

今回デジボーグ71FLを購入いただきました。
77EDUなどで、NIKON TC−16A AFボーグされています。




 

 

私の方はAF BORG 45EDU キビタキの幼鳥だと思います。

ミニボーグ45EDU、クローズアップレンズ、AFアダプター、ペンタックス K-5
3000×2000でトリミング 縮小


12080101.jpg12080102.jpg

posted by   at 18:39| AFボーグ45EDU