バーダーショップ フジノです。
常時ボーグ本体在庫大量確保
当店では毎週の多目の見込み発注による商品確保で週単位で順次入荷しております。
そのためメーカー納期状況にかかわりなく即納が可能となっております。


当ブログはご覧になる方がボーグの解像力等を適切に判断できるよう、判断の妨げになるトリミング、余計なコメント等は基本的に控え、メーカーページでは分からない製品の短所等も含め、正直な画像と評価、正直な製品評価、正直な情報発信をしていきます。
本日もバーダーショップ フジノ ブログをご覧いただきありがとうございます。


2011年04月30日

71FL カワセミの写真

去年購入した外付けのハードディスクの空きが残り少なくなってきました。
500Gなのですが二月だけでも50G近く残っています。
とりあえずはかなり削除しているのですが、整理しなくてはなりません。

21日に写してから二回の増水、今日は強風でカワセミに行けません。
今日は2月に写した分の整理です。

K-7の写真です。
11043001.jpg
11043002.jpg
11043003.jpg
posted by   at 19:35| デジボーグ71FL

2011年04月29日

AFボーグ45EDU PENTAX K-5

今まで45EDUでAFアダプターを使うためには元が暗いためかなり焦点距離を短縮しなければなりませんでしたが、K-5、K-rではさほど短縮が必要ないので焦点距離も長く使え、解像感も良くなりました。

また、この接続では三枚目の写真の背景(ほぼ無限)から一枚目の写真より5メートルぐらい手前までAFアダプターのみでピントが合います。
追伸・写真はノートリです。


24日のブログの接続ですが、当然かも知れませんが101EDの方が影響が出ました。

11042901.jpg
11042902.jpg
11042903.jpg

posted by   at 19:31| AFボーグ45EDU

2011年04月28日

AFボーグ71FL

宮城県 Y さんから

AFボーグ71FL K-5初撮りの写真を送っていただきました。
お住まいの地域では都市インフラも物流も正常化しつつあるそうです。
あらためまして被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

追伸、いままで使っておられた45EDUとの焦点距離の長さの違いに感激しておられます。


25日にご紹介した「いつも好奇心」さんですが、早速77EDU+AFアダプター+K-5を使いこなされて
「ロクヨンよりは出来の良い写真が撮れたように思う」とコメントされています。


私はトビのトピモノ
ここは養魚場がありそこから弱ったアユが捨てられるようです。
それを狙って鳥が集まります。
養殖もののアユなので追い星が薄いです。(笑)

11042801.jpg
11042802.jpg


11042803.jpg
posted by   at 19:22| AFボーグ71FL

2011年04月26日

ペンタックス、ペンタックス、ペンタックス、望〜遠だよ、ボーグだよ。

K-5、K-rで45EDUAFボーグも格段に良くなりました。
今日のシステムはACNo3接続で本体600グラム以下。
軽いです。

11042601.jpg
11042602.jpg
11042603.jpg
posted by   at 18:24| AFボーグ45EDU

2011年04月25日

オオルリです。71直AF

オオルリです。
道路沿いの木で何かが動いたので見てみるとオオルリです。
大慌てで撮りましたが暗い。
ISO800にしてSS1/125。
AFは大丈夫でした。
ノートリですがこの大きさに縮小しても甘いです。
何の解像感もの参考にもなりませんが初物ということで。


新しくリンクさせていただきます。
今まで NIKON D3, ロクヨン で写しておられましたが、今回77EDU+K-5 AFボーグに挑戦されます。
半年ぐらいボーグの解像力を検討いただき、今回ご購入いただいたそうです。
ご自身の探鳥フィールドでは、ここ1、2カ月でボーグ派が一気にメジャーになってきたそうです。



        「いつも好奇心」





11042501.jpg

posted by   at 19:35| AFボーグ71FL

2011年04月24日

125SD

先日101EDよりAFの効きが悪く感じた125SDの接続ですが、写真のように接続しています。
これを125SDのドロチューブの後方に接続してほぼ無限です。

筒の先端からマウント面までが220mm少し、フランジバックが45ミリほどなので合計265mm

ペンタックスのAPS-Cの対角長さは30mm弱。
筒の内径が約50mm。

125SDが口径125mm焦点距離750mm。
全体の前から2/3の辺りに口径50mmの筒があることになります。

少し絞られた状態になってAFの効きが悪いのか。
無限側ほど先端が前へいくので影響は大きいということか。
F値がほぼ同じ101や77でも同じことになるのでしょうか。

今日、これで写した距離30メートルほどのカモです。
AFで写していますが殆ど効きませんでした。
しかし、さすがに大きく写ります。

11042401.jpg
11042402.JPG

posted by   at 19:10| AFボーグ125SD

2011年04月23日

AFボーグ 125SD直AF

先日最初に101EDに直接AFアダプターを付けた時に125SDでも試しました。
101EDはその後接続パーツを変えてかなり良くなったのですが、
その最初に試したときに実は125SDの方が明るいはずなのにAFが効きませんでした。
今日パーツを変えてみるといつも室内で試している6メートル先のパソコンの小さいランプで効いたり効かなかったり、文字はほぼダメ。
しかしこれだと今までの経験では使えそうに思います。

101もまた試してみましたがやはり接続で効き方が違います。

写真は77EDUノーマル 換算765mmで写したものと125SD+AFアダプター 換算1912mmで写したものです。
換算1912mmはすごいですね。

11042301.jpg
11042302.jpg
posted by   at 15:48| AFボーグ125SD

2011年04月22日

60ED直AF

リンク先の 「footlooseU」 さんが71FLに植毛紙を貼られてかなり効果があったということです。


写真は60ED直AFで撮影したカワセミです。

撮影者 奥さま

私がK-rをお借りしていたのでK-5で写したものです。

11042201.jpg
11042202.jpg

posted by   at 17:28| AFボーグ60ED

2011年04月21日

ペンタックス K-r + AFボーグ カワセミ

17日に77EDU到着の広島県 K さんから早速写真を送っていただきました。

コマドリですね。
私は去年四月の連休前半に九州でオオルリ、キビタキを撮りました。
そろそろ夏鳥ですね。




K-rのデフォルトでは「鮮やか」のシャープ2、コントラスト1になっています。
どちらも0にして撮りました。
かなりハッキリクッキリの設定です。
ISO400 等倍トリミング

11042101.jpg
11042102.JPG
posted by   at 19:17| PENTAX K-r

2011年04月19日

k-5メジロとカワセミのクチバシ

もっと先にK-7から買い替えと仰っていたのですが、年度末にK-5が安くなったので我慢しきれず買ってしまったそうです。
四月になって最安価格が上がってしまいましたね。

***************************************************************
埼玉県 Mさん

最初は、ISO感度を上げすぎたりシャープネスの設定が
よくわからず、全然解像感が高い写真がとれませんでしたが、
ISO感度は、低いほうがいいし、シャープネスも利かせすぎない
ほうがいいという当たり前の設定にしたら、K-7を越える
写真が撮れはじめました。

※ 藤野さんのカワセミの飛びものの撮影のコツも参考にボーグでの
カワセミもだんだん撮れるようになってきました。
  なお、月は、断然E-PL1です。ただ、満月近くなるとうまく撮れなくて
悩んでいます。

***************************************************************



カワセミのクチバシ

手前の足はボケて向こう側の足にピントが合ってしまった写真です。
目はボケていますが、クチバシの先あたりはいくらか合ってます。

71直AF ペンタックス K-r

やはりドアップはもはMFが断然効率いいですね。

クチバシの上と下の長さが違います。
巣穴を掘ったためでしょうね。

等倍トリミング

11041901.jpg
11041902.jpg
posted by   at 19:06| AFボーグ71FL

2011年04月18日

77EDUAFボーグ

大きな画像です。
ヘルメットのロゴも写っています。
*****************************************************
大阪府 A さん

「近畿ジェットスポーツ連盟」のJETカーニバルに行ってきました。
「AFボーグ77EDII」で「K-5」のAF-Cの追従性能をテストしてきました。
AF-C使えますね。

SS:1/1250 ISO:400 手持ち


*****************************************************


下 71直AF ペンタックス K-r カワセミ

11041801.jpg
11041802.jpg

posted by   at 19:14| PENTAX K-r

2011年04月17日

ペンタックス K-r 71直AF 初カワセミ

K-rを買ってから天候がもう一つで鳥が撮れていませんでしたが、今日はカワセミを狙ってみました。
K-5との操作の違いもあってか今日は思うような解像感は得られませんでした。

ペンタックス K-r 71直AF ISO400 ファインシャープネス 0

一枚目 1/2縮小
二枚目 等倍トリミング

11041701.jpg
11041702.jpg
posted by   at 18:24| PENTAX K-r

2011年04月16日

ドロチューブの補修

ドロチューブのネジ部分がすり切れて穴が空きました。
これで二回目です。
前回はその部分だけ切り取って貼り替えたのですが、今回はドロチューブのガタも大きくなってきたと思っていましたので、
二センチ幅に切ったボーグのビニールの台紙の植毛紙を上から重ねて貼りました。(警告マークの反対側)

これだけで今度は逆にドロチューブが堅いくらいになりました。
少し鍛えて柔らかくしないと鳥に追いつけません。(笑)

ミニミニドロチューブもすり切れてしまうとチューブに傷をつけるのでご注意です。

11041601.jpg
posted by   at 18:54| 撮影機材

2011年04月14日

ペンタックス K-r 到着

ペンタックス K-r が到着しました。

写真は71直AF PENTAX K-r です。
ボーグの白に誂えたようなホワイトです。



****************************************************

野鳥写真は埼玉県 Hさんです。
先日からAFボーグ71FLでヘリコイド無しのミニボーグ鏡筒でのピント合わせを試されています。

Hさん 「朝、いつもの散歩コースで6160と7205のヘリコイド無しのシステムを試してみました。
私の場合、AFボーグにはこれが一番使いやすいようです。
撮りたてのホオジロとムクドリです。どちらも50%にリサイズしています。(相変わらず枝が被ってます。)
明るいときには露出補正量をEV-0.7位にした方がクッキリ写るようです。


****************************************************
11041401.jpg
11041402.jpg
11041403.jpg

posted by   at 18:41| PENTAX K-r

2011年04月13日

101ED直AF 換算1632mm カワセミ

先日、実践の鳥では使い物にならなかった101ED焦点距離短縮無しでのAFアダプターの使用ですが、
換算1632mm の超望遠は非常に魅力的で諦めることができず接続パーツなどを変更して色々試していました。
101ED直AF 換算1632mm ペンタックス K-5 でなんとかAFが実用できる程度になりました。

AFアダプターは二つ持っていますが効き方に差があります。
汚れなどもあるのでしょう。
接続するパーツによっても効き具合が違うようです。
ヘリコイドMよりL2が良かったりなど。

距離は20メートル強でこの大きさに写ります。
ISO400 SS1/640〜800
ピントの甘い写真ですがアップしました。

11041301.jpg
11041302.jpg
11041303.jpg
11041304.jpg
posted by   at 15:55| AFボーグ101ED

2011年04月10日

AFボーグの露出の暴れ

AFボーグの露出の暴れを初めて体験しました。
ペンタックス K-5です。

連写のリズムが時々おかしくなるので変だなと思ったのですが、露出オーバーの写真や暗い写真が写っています。

私はISO固定なので全ピンショートですが、
footloose IIさんが奥さんのK100Dでは安定しているのにご自身のK20Dでは露出が暴れるということで
1点ショートなどを試されましたが結果として接点の汚れが原因だったようです。

「PENTAX+BORGでの露出の不安定への対応策」


私もすぐに接点を拭いて解決しましたが、露出が暴れた写真にはそれぞれ違うF値が表示されています。
接点部分の汚れでピンをテープで遮断したのと同じ状態になったのでしょう。
それで余計なF値の信号が入ってシャッタースピードが補正されてしまったのでしょうね。

連写のリズムがおかしかったので最初は故障かと思いましたが、清掃後問題ありません。


写真は去年のツバメのトビモノ初日に遠くに置きピンして撮ったツバメの写真です。
縦横50%にトリミングしてます。
11041001.jpg

posted by   at 16:06| AFボーグ

2011年04月09日

ツバメのトビモノから

ツバメの写真は去年の8月終わり頃からの半月ぐらいに撮ったのですが、写真があまり整理できていません。
かなり大胆に削除しているのですが、今年も見る見るハードディスクが危うくなってきました。
これを機会に今日は少し整理しました。

で、この時感じたのですが、この距離からヅバメのスピードに合わせてレンズを振り回すと他の撮影ではない影響が出るようです。
太陽を背にして立っているのですが、光の影響が大きく出るようです。
ピントが来ているのに写真が白くなってボツのものがかなりの割合でたくさんありました。

この時のことでミニボーグの内面処理を考えるようになりました。
今のところ通常の撮影では気になる影響はなくなりました。
気に入っています。
ツバメにはどうか分かりませんが。

2〜3枚目は少し遠めに置きピンしたものです。7〜8メートル辺り?
しかしツバメが手の届きそうなところを飛ぶので、ついこれを撮ってやろうという気になってしまいます。(笑)

11040901.jpg
11040902.jpg
P8300726_filtered-1400 - コピー.jpg

posted by   at 19:50| デジボーグ71FL

2011年04月08日

ツバメの飛翔写真が運転免許教本に採用されました。

こちらのページなどにアップしています去年の夏にミニボーグで撮ったツバメの飛翔写真のうちの60EDで写したものが、
全国の自動車教習所で使われている「トヨタ名古屋教育センター」発行の運転免許教本に採用され無事発刊したと連絡をいただきました。


採用されたものは少々ピントの甘いものでした。(笑)


今年もそろそろツバメを見るようになりましたが、ツバメのトビモノは身近にたくさん居るツバメが対象ですのでオススメです。


この時の撮影の方法などはこちらの「カワセミの写し方」のページで紹介しています。


 

写真はノートリです。
11040801.jpg
11040802.jpg
11040803.jpg
11040804.jpg

posted by   at 08:52| デジボーグ60ED

2011年04月05日

今が一番撮り易い?

大阪府 Aさん。

先日77ED2を購入いただき、ペンタックス K-5に3月19日の49mmACNo3の構成でAFボーグ始められました。
ダイサギがフグをおもちゃにして遊んでいるらしく最後まで食べなかったそうです。

80鏡筒の三脚座にUN製の「3極スイッチSTグリップ φ2.5プラグ用」を取り付けられたそうです。

*******************************************************************


コゲラ、ヤマガラ、メジロ、シジュウカラ、ジョウビタキ、マヒワ
今が一番撮り易いでしょうか。
ジョウビタキなどは減ってくるでしょうがもうすぐオオルリやキビタキもやって来ます。


11040500.jpg
11040501.jpg
11040502.jpg
11040503.jpg
11040504.jpg
11040505.jpg
11040506.jpg
11040507.jpg
11040508.jpg
11040509.jpg
11040510.jpg

posted by   at 19:42| AFボーグ

2011年04月04日

71FL AFボーグ 桜が咲き始めました。

桜が咲いてきました。

メジロの大群が頭の上を通過します。
ヤマガラも頭上の枝に近寄ってくるのでこちらが後ずさりです。

コゲラもたくさん居ます。木に穴を掘っています。
寝ぐらでしょうか、巣穴でしょうか。

シロハラもまだ健在です。(原寸)



**************************************
4枚目は長崎県 Kさんのルリビタキです。

「ルリビタキ近かったんですが、雑木の中だったので暗くて。
ISO1250 SS1/400 トリミングなし。

これ以上遅いと、完全手持ちではブレますね。」

**************************************

11040401.jpg
11040403.jpg

原寸  ISO500です。 感度を下げるのを忘れました。
11040402.jpg

長崎県 Kさん
11040404.jpg

posted by   at 20:55| AFボーグ71FL

2011年04月03日

71直AF アイリングと小羽枝 

今日は午前中暗く、鳥見はなしです。

先日のジョウビタキですがアイリングと腹の小羽枝が結構出ました。

デジボーグ71FL AFアダプター 換算1020mm
ISO-400
エクストラシャープネス 0 

等倍トリミング
11040301.jpg
11040302.jpg
posted by   at 17:04| AFボーグ71FL

2011年04月02日

鳥が居なくなった 71直AF

先日から鳥がたくさん居たのですが、昨日から居なくなりました。
数が極端に減った感じです。

ジョウビタキはそろそろ行ってしまうのでしょうが、エナガやコゲラ、シジュウカラなども少なくなりました。
ここは渡りのポイントの近くなのですが猛禽類に逃げてしまったのでしょうか。

そこで渡ってくる海峡を見に行ったのですが一羽も飛んでいませんでした。
猛禽類の渡りは見たことがありません。

途中出会ったコゲラです。

11040201.jpg
11040202.jpg
posted by   at 17:05| AFボーグ71FL

2011年04月01日

60ED AFボーグ

実は今日の写真はうちの奥さんが撮ったものです。
60ED AFボーグでカメラは古いistDS600万画素です。(ゴミが写ってます)

リンクをさせてもらっている「footloose II」さんがご夫婦71FLで撮っておられて、奥さんも上手に写されているので感心していました。
また、最近になって京都のご夫婦もご主人101、77、奥さんが71で楽しんでおられるということで
とうとう「私も撮ってみようかな」と言い出しました。
内心、「難儀なこと言い出したなー」とも思いましたがそんなことは言えません。(笑)

「どうぞどうぞ」ということで先日から撮りだしたのですが、なんと結構撮れてしまいます。
それも完全手持ちです。

私がistDSにカメラレンズで野鳥を撮っていた頃の写真よりはるかに良いです。

せっかく鳥が固まってくれているのに、こちらも固まってしまったのかシャッターの音がなかなかしてこない不思議な場面も散見しますが。

自信ををつけてしまったようです。

11040101.jpg
11040102.jpg
posted by   at 18:41| AFボーグ60ED